茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



土風炉

乳鉢土風炉毎日暑い日が続きます。冷房の利いた部屋にいれば汗は出ませんが、そうもいかず「暑い暑いと口癖のように言っています。
初めて土風炉の灰に挑戦しました。拝見した事はあるのですが、自分でした事はありませんので、本を見ながらやってみました。茶会などでは、ただ何となく拝見しているのでいざ自分がする事は難しいです。土風炉の灰形は、遠山灰が原則のようです。遠山灰は風炉の手前に丸く弧を描く峰、向こう側にこんもりと盛り上がった山を作りますが、初めてなのでとても難しいです。
写真の灰形は、自分なりにしてみましたので近いうちに師匠に見ていただきます。

羽根

羽根今日はトンビが「ピーフョロ、ピーフョロ」と鳴きながら舞っていました。トンビはあまり空高く舞っていませんが優雅に舞っていました。

炭点前の時、炉ぶちや釜を掃くのに使う羽ぼうきは、鷲やフクロウ、鶴、鴨、雁などの羽を3枚重ねて手元を竹の皮で巻いています。
写真の左はつかみ羽です。水屋用の炭とりに添えています。
中の羽箒は「右羽」で風炉の炭点前のときに使います。
右の羽箒は「左羽」で炉の時に使います。

煙草盆

煙草盆いまどきどこでも煙草を吸うと皆から嫌がられるが、吸っている本人は嫌われていると知っているのだろうか?不思議です。
煙草が1000円に値上がりしたら、もうやめると言う人が8割いるらしい。

お茶の席では、待合や薄茶席に煙草盆が出される。
「煙草をのんでくつろいでください」と言う事でしょう。
煙草盆には、ライターや、マッチの役目の火の入った火入れと、灰皿役の灰吹き、そして煙管、煙草がセットされています。
でも、待合にだされる煙草盆には、灰吹きと火入れだけがセットされています。
自分が用意している煙草を吸うらしいです。

煙管は正客と連客用として2本添えています。
今は、茶室を飾り、くつろいだ雰囲気をだすための道具としてあるような気がします。

「キセル乗車」の言葉は、煙管からきているようですね。

釜の音

今日は久しぶりに5人が集まったので且座の稽古をしました。
七事式は普通のお茶の稽古とはちょっと違い茶道口は開けたままにしておきます。公開の席で行なわれるからだそうです。
客3人と東、半東の5人で行ないます。
正客は花を入れ、次客は炭をつぎ、三客は香をたき、亭主の東は濃茶を点て、亭主の補佐役の半東は薄茶を点てます。
私は、花を入れることが苦手なので正客をさせてもらい花を入れました。
用意されている花を選び、花入れに入れることはなかなか難しいと思います。
稽古が進んで行き、お茶を点てる頃になると、釜の煮えの音がし始めました。

釜の音には4段階あると昔聞いたことがあります。
はじめはこおろぎの鳴く声、遠く波の音、松風のごとく、そしてゴロゴロと雷声の如しと覚えています。
人それぞれ表現方法は違うと思いますが、なるほどと思いませんか?
今日の釜の音は、雷までは行きませんでしたが、いい音でした。

お茶の炭

風炉梅雨が明けた途端に暑くなりました。夕方、犬の運動の途中で「カナカナ」とヒグラシの鳴き声が聞こえました。久しぶりの鳴き声にうれしくなりました。

私は、炭を焼いている友達から、炭を購入して稽古に使います。
風炉、炉用に切ってからひとつづつたわしで汚れを洗い、干して乾かします。
切った後、ひとつずつたわしで洗うことは結構面倒なんです。特に寒い冬はサボりたくなります。
どうして洗うのだろうと思ったことがあります。

木槿〔むくげ〕

むくげ夏の花は木槿といわれるほど7月から9月にかけて次々に咲きます。
木槿は挿し木で意外と簡単に増やせます。この白い木槿も友達に一枝頂いて挿し木をしたものです。
一枝一輪入れると、「さすが木槿」と思うほど品格があります。また紅い水引を添えると風情のある花になるとおもいます。

夏本番

夏雲今日は夏がやってきました。青空が広がりました。長かった梅雨が上がったのでしょう。
夏雲多奇峰

ざくろの実

ざくろ1ざくろ2今日も朝から雨模様です。庭に出てふとざくろの木を見あげると、親指のつめの大きさほどのざくろが出来ていた。春にオレンジ色の花を咲かせていたが知らないうちに実になっている。

ざくろの実は、七事式の且座のなかで「みがし」として使われることが多い。

薄茶の割り稽古

釜お茶の稽古は「薄茶に始まり、薄茶に終わる」と言われています。私もよく耳にしてきました。
特に薄茶の運び点前は、余分な動作を切り取った点前で、基本中の基本と言われていますので繰り返し稽古をしていきます。
繰り返し稽古をしていくうちに、点前座につけば自然にからだが動くようになってきます。こうなってくると、稽古も楽しくなってきます。
しかし最初から点前の稽古を始めるのではなく、点前の基本的な所作を取り出して稽古をすることを「割り稽古」とよんでいます。
美しい点前が出来るにはこの基本の割り稽古をしっかり身に付けることをおすすめします。
悪い癖が付くと直すのが大変です。

講習会で、

建水先日講習会に参加しました。私が濃茶点前をすることになり、点前を始めると、緊張して手が振るえ建水の上の柄杓を落としてしまいました。まさか、私がひしゃくをおとすなんて!
仕方がない!気を取り直して水屋に引き返し洗ってまた出直しです。
蓋置きの上に柄杓を置こうとすると、手が振るえ上手くおくことが出来ない。
どうにかおくことが出来、点前を続けた。
今度は、茶入れの蓋の上に茶杓が乗らない。左手で右手の手首を押さえのせる事ができた。なかなか震えが止まらないが濃茶を点てお客様に出す事ができました。
場慣れしていないことと、稽古が足りない事だと反省しました。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ