福寿草今年の早春の立礼の席のお花です。亭主の方が、この日に最も綺麗に咲くようにと願いながら植えられて管理されたそうです。見事でした。

花に詳しい友達が、福寿草を「元日草」や「ついたち草」とも言うと話していました。