山梨大会に参加した友達のお土産に「みのぶまんぢゅう」を頂いた。
「身延山」からの名前なんですね。
「同門」の山梨大会の案内を読んだあとパラパラとめくっていると「栗こごり」「牧渓」の写真が載っていた。
文章を読むのは苦手だが写真を眺めるのは楽しい。特に食べ物になると尚楽しい。次のように説明があった。
 「果物の収穫の多くなる時期、その果物を使った菓子を寄せてみた。菓子のその字の如く、この季節豊富な収穫の姿を見せてくれる。その代表選手が栗と柿だろう。」(平成21年12月号)より

果物の菓子と聞いてふと思い出した。数年前の夏に頂いたお菓子で、多分マスカットだと思うのですが、綺麗なマスカット色したぶどうを丸ごと砂糖で包んだお菓子がとてもとてもおいしかった。
山梨のぶどうを使ったのに違いないと思う。一口いただいた時に生のぶどうがそのまま出てきたのには驚いた。又食べてみたいと思うけど名前を忘れてしまいました。