唐物服紗玉取獅子瓔珞文紹巴

永年使っていた唐物服紗がよごれてしまったので‘だめかな‘と思いつつぬるま湯で洗ってみましたがやはりだめでした。5mmほど縮んでしまったのでアイロンで伸ばしてみてもだめでした。
仕方なくがないので、お道具やさんで写真の服紗を購入しました。
お道具やさんが言うには唐物服紗は柔らかい紹巴〔しょうは〕がいいそうです。

玉取獅子瓔珞文紹巴とはどんな文様?

玉と獅子、巻貝文あらわした段と、瓔珞(ようらく)文様の段、蔓唐花文様の段を組み合わせた構成です。獅子はライオンを基にした想像上の動物文とされています。瓔珞はインドの貴族が頭や胸にかけた珠玉や金属玉を紐でつないだ装身具で、仏像の装飾や寺院内にも用いられました。織りはこまかくい杉綾状の地紋を表す紹巴組織です。<栞より>