85歳のお茶の先生から「とても良かったから是非見て!私は、お師匠さんを思い出して涙、涙だったよ!娘と行ったよ」と電話をいただきました。
歳上の方からの勧めなので、これは行かないと思い次の日に行ってきました。
率直な感想として内容が難しく無く素直に見られました。
掛物に期待をしていたので期待通りでした。
暗い中でペンを走らせたので間違いがあるかもしれませんが、
  「清流無間断」  「道」  「清風萬里秋」  
  「富士の山の画」  「だるまの画」「瀧」
  「聴雨」  「掬水月在手」  「不苦者有智」
   「必勝七転八起」  他に梅花○○○
初めて拝見した「聴雨」に感激です。

「お茶はまず[形]から。先に[形]を作っておいて、後から[心]が入るものなの。」こんなセリフがありました。
まだ上映しているようでしたら、お茶を習ってみたいなぁと思っている方、習い始めた方には是非お勧めします。IMG_0975