3月27日に、家元にて営まれる利休忌に参加いたしました。
当日の朝9時受け付けと、事前に案内を頂いていましたので8時30分ごろに行きましたら、
おどろきました。すでに、約100名位の方が整列されていました。さ
受け付けを済ませると「新席」へ案内されました。
  お掛物は、「西行水」
お薄茶のお点前でおもてなし頂きました。
お菓子は、朧饅頭(おぼろまんじゅう)
別名利休饅頭でした。
クチナシで染めた黄色の薄皮をはがしたそぼろ風の皮の饅頭でした。
下の写真は、家に帰り着いて撮りましたの
表面が固くなってしまい、美味しそうに見えないですね。

IMG_1302

次に、利休居士の画像が掛けられている残月亭に案内されました。
参会者は、残月亭の隣の九畳敷と七畳敷に座っていました。
私も七畳敷の部屋の後ろに座りましたので残月亭での廻花、家元宗匠が執筆される茶カブキは、全く見えませんでした。