且座は5人がそれぞれ役目があります。
花を入れ、炭をして、香をたき、濃茶を点て、薄茶を点てる。
でもこの頃は、5人揃って稽古をすることはできないので、
3人集まった時は、1人が二役して足の運びの稽古をします。

細かな動作を書くことは中々難しい。
大まかな流れです。
七事式では基本、八畳敷きでします。
席入りする前に、水屋で皆で挨拶します。
扇子はもちません。

席入りの足の運びを図にしてみました。

BE9FDF5A-584E-4446-8EB2-FAA375F88625


席入り
客、亭主(東) は、茶道口から席入り。
茶道口で一礼
両手をつき、
立って入らず、膝行です。
半東は席入りしません。


半東は
茶道口で花台を前に置いて一礼。
一同総礼、
且座の始まりの礼。
6AC0BA44-3BFF-41C2-AAF7-B45BDEEA9358


花台を床まで運び出し、所定の位置に置く
水屋に下がり、炭斗を前に置いて茶道口に
控えている。

東は
半東が茶道口に下がるころ、正客へ花の所望をする。
この時、東は正客へ一礼をする。

正客は
これを受け一礼し、床前に進み花入れの正面で花入れをよく拝見する。
花台の前に行き、花を選ぶ。
まとまれば切り揃える。
花入れの前に行き花を入れる。
花を入れると花台の前に戻り、残りの花を片付ける。
茶巾と水次を持って花入れに水を注ぎ足す。
花台の前に戻り水次、茶巾をもとの場所に戻す。
もう一度花台をあらためる。
花台をもとの位置に戻し、席にもどる。
E4F5CE32-A737-43E9-9EEC-B9B721D66FF6

半東
正客が席に戻ったら炭斗を持ち出し所定の炉の右側に置く。
FullSizeRender

水屋に下がって灰器を持ち出す。
踏込み畳の半畳の座に座り、灰器、服紗を畳んでおく。
炭点前をする二客が女性の場合
灰器、服紗を置いたら立ち、図のように
右足→左足→右足と下がり左足を床に向けて出し
右足で通い畳の角を越えて、床の花台を取りに行く
花入れの正面に座り花を拝見する。
軽く一礼をする。
花台を持ち水屋へ下がる。

529127B1-AB05-4D3B-9622-D7677C6D1F1F