「月」の字が入っている字句を調べてみました。
「清風拂名月」 「掬水月在手」 「海月澄無影」 「水清魚嚼月」「吾心似秋月」
「歳月不待人」 「壷中日月長」 「水急不流月」 「夜深名月孤」「兎子望月」
「和月賣珊瑚」 「伴歸無月村」 「坐水月道場」 「月随碧山轉」「僧敲月下門」「月清千古秋」 「擔泉帯月帰」 「月下弾琵琶」 「山高月上遅」「止可談風月」「水和名月流」 「秋月掦明輝」 「池成月自来」 「山雲海月」 「月自風清」
「江月照松風吹」 「三十五夜中新月色」 「月上青山玉一団」「風吹不動天邊月」

読みと禅語の意味を調べようと思います。

もう10年ほど前の事ですが、資格者講習会の時に、お家元からお見えになった宗匠が、「皆さんは、もうお点前は出来ますので、これからはお家元の歴代の宗匠の事を調べるとか、焼物の事を調べるなど、点前以外の事を勉強して下さい。そうすれば、もっとお茶が楽しくなります。」と言われました。
時折、その言葉を思い出すのですが、なかなか行動に移すことはありませんでした。これからは、少しでも勉強して、お茶の幅を広げられたらと思います。