客は拝見に出された香合の拝見をします。

(香合をとりに出ます。)
客は正客、次客、お詰めの時は、まず、炭点前のとき香合が拝見に出されて、亭主が
炭とりを下げると、正客は香合をとりに出て、自席に戻り、香合を畳のへり外、上座
寄りにおいて居ずまいを直します。

(香合を拝見します。)
茶道口が閉まると正客は、香合をとり自客との間(へり内)に置き、次礼をしてから
香合を膝前に置き、まず全体の形を拝見し、次に蓋をとり蓋裏の花押なども見てから
身のほうも手に取ってながめ、ふたをしてもう一度全体を拝見して、次客へ送ります。次客は、正客との間に香合を置いたままで、お詰めに、次礼をし香合を膝前に取って拝見をします。お詰めも、同様に拝見をします。

(出会いで香合を返します。)
お詰めは、拝見が済むと香合を持って立ち、正客も出て、道具畳の近くで出会い、正客に返します。お詰めは自席へ戻ります。正客はもう一度拝見をしてから、香合の向きを変え、出された場所へ返して自席へ戻ります。
このあと、香合を引きに出た亭主にお礼を述べ、香合の作者や銘などを尋ねます。