掛け軸2掛け軸1
偶然にも同じ方の書を掛けてあったので写真に撮りました。

松風一味禅・・しょうふういちみのぜん
松を吹く風には清らかな音がある。それを聴く私も心まで澄みわたり、最上の禅の心を味わえること。

閑坐聴松風・・かんざしてしょうふうをきく
静かに坐ればただ松風の音ばかり。耳で見て目で聴くように、体全体で松風の中にあるさま。