お茶事を催す良い季節になりました。
炉開きは、柚子の色ずく頃と利休さんが言っていますが、温暖化が進んでいる今、本当に色ずくのだろうかと疑問に思っていたのですが、我が家の柚子の実も黄色くなってきました。

何百年前も今も、季節は同じように巡ってきているのですね。

お茶事を催す回数が多くなると、着物の事をよく聞かれます。
「水屋ではどんな着物ですか」と、聞かれるのですが、いろいろな立場がありますが
水屋でお手伝いする時に羽織る着物は、昔、母たちが着ていた割烹着を長くしたもの
良いと思います。

呉服店に勤めている友達に尋ねてみましたら、お茶をする方にお勧めする品は、
防水加工をしているコート地を買い求め、割烹着の形で丈を長く仕立ててもらうか、
既製品を注文されるかどちらかだそうです。