茶道を永年続けている友人が、ご主人から(お茶はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね)とたずねられたそうです。

 友人は、(なかなか奥が深くてねえ)とこたえたそうなんです。
お茶の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。