付け下げは、訪問着を略式した,訪問着より気軽で小紋より格の高い染めの着物です。

付け下げの特徴は、左右の身頃や、肩から袖にかけても模様がつながっていません。
着た時に、模様ががすべて上向き描かれています。

背縫い、後身頃から前身ごろの模様はつながっておらず、上前のおくみと前身ごろの縫い目で模様がつながっている、付け下げ訪問着があります。

付け下げは、値段的にも訪問着より求めやすく、模様がすっきりしているので、訪問着で出かけるほどでもないし、かといって色無地では少し寂しいな、と思う茶会に付け下げで出かけます。