夏はいかにも涼しきよう 冬はいかにも暖かなるように炭は湯のわくように茶は服のよきように とのことばがあります。

 自然の姿で人をもてなし もてなされ、心を一つにするのが良しとされています。

 点前の動作は、余分な所作を省いてごく自然に水が流れるように進めていき、なおかつ緩急の流れのリズムがあるのが良しとされています。