DSC03378写真は萬代屋釜です。

堺の茶人、萬代屋宗安が所持していた釜を模して造られ、肩と腰に擂座をめぐらしています。
「るいざ」はどんな意味なんだろうと、数年前調べた時、座禅の時使用する座布団の形をしていると何かの本に書いていたように記憶しています。
でも改めて調べるけど、私の知識ではわかりません。
どなたかお教えいただけませんか?「るいざ」「累座」 「擂座」について。