酔芙蓉酔芙蓉の花は午前中は白く咲き、午後になるとだんだん紅色を帯びてそれが濃くなります。そのかわり方が酔った風情とにているのでしょう。
朝開いて夕刻にはしぼんでしまう一日花です。
天然忌には、三田青磁の算木花入れに白芙蓉を供えています。