石臼お茶の正月と呼ばれている口切りの季節がやってきました。
暑い夏が過ぎたかと思ったら今度は、たのしいことをいっぱい出来る炉の季節です。
今年は、11月7日が立冬です。この頃になると柚子も黄色く色付き、吐く息も白くなると言われています。我が家の柚子はまだ色づいてませんが。
昨日の天気予報では、11月の初め強い寒気団が下りてくるので寒くなると予報していました。
そうなれば、柚子も色づくかもしれませんね。

今年の春に新茶を摘んで、茶壷に入れました。初めてのことなのでとても気になり、
茶壷を振ってみましたら、「シャカシャカ」と音がしました。
緑色のお茶ができていればうれしいのですが、、、、、、
「口切りの茶事」とまでは出来ないけど、稽古をしてみたいです。
そのときに写真の石臼で新茶を挽いてみようと思います。

畳の表替えをしました。畳の匂いはなんと表現したらいいかわかりませんね。
以外にきつい匂いなのですが、懐かしく、「フー」と子供の時の家族の姿が浮かんできます。

H20.10月21日の「開炉の頃」も、あわせてみてください