茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



お薄

中置きの薄茶点前 続き 4-4

拝見が済みました亭主は客が拝見をしている間、水屋で片づけをします。両器が戻れば席に出て正客のお尋ねに答えます。
両器を持って下がり、茶道口で両器を置き一礼します。

水屋で片づけをしている間、部屋の様子を気に掛けながらすばやくします。
拝見物が戻っているのに、いつまでも客を待たせることはよくありません。

失礼ですが若い方たちは、「衣擦れ」の意味解りますでしょうか?
着物を着て歩くと、裾の擦りあって音が出ますよね、あのことなんですね。

水屋で道具を片付けたあと茶道口に座り、部屋の様子に気を掛けます。
正客さんが、茶器、茶杓を戻し自分の席に戻る様子をあの衣擦れの音で聞き分けるくらい、静かに神経を集中しておくよう注意をされていました。

中置の薄茶点前 続き 4−3

中置の点前で勝手付に水指と柄杓、蓋置きを置きますが、置く位置に迷いませんか?
両器を拝見に出しますお茶を点てて客付に差し出してから、釜正面に戻り続いて連客にお茶を点てます。
客の方から「おしまいを」のあいさつがあればおしまいにかかります。
釜に水を足し、水指の蓋を二手でしめると、正客から両器の拝見の挨拶があれば、これを受け柄杓、蓋置きを建水にたたみます。
釜の右側点前に茶器と置き合わせている茶碗を三手で扱い膝前に仮置きする。
茶器を取り、客付斜めに座り、茶器を清めて拝見に出し、正面に戻り茶杓をとり、斜めに向き拝見に出す。
正面に戻り、茶碗を敷瓦と畳のヘリの中央に戻す。
写真は両器を拝見に出し、茶碗を戻したところです。

08.7.6の客の作法 08.10.16の中置の点前も合わせてご覧ください。

中置の薄茶点前 続き 4−2

中置を稽古する時季も残り少なくなり、名残惜しい気がしますが、炉開きも楽しみです。このブログを読んでくださってありがとうございます。でもあくまで参考にしてください。点前の作法は細かい箇所の仕方が、意外と先生で違う事があります。
あくまで皆様の先生の教えてくださる通りになさってください。
目的は、お客様においしいお茶を差し上げることだとおもいます。

昨年の10月16日の中置の点前も参考にしてください
茶碗にお湯を入れます建水から蓋置きを取り出し、水指の左に置き柄杓を引いて一礼します。
居ずまいを直し、建水をすすめ、茶器、茶杓を清め茶碗にお湯を注ぎ入れ、茶筅通しをして、薄茶の運びの点前と同じにすすめていきます。

客付に差し出します茶碗にお抹茶をはいたあと、水指の蓋を右手でとり、左手で水指の左脇へ持たせかけます。
茶碗に適量のお湯を注ぎお茶を点てます。
客付に差し出します。


昔、まだ若い頃、点前をしながら次は何をするのだろうと考えながらしていました。
でも、稽古を何年も続けているうちに自然と手がいくようになりました。
これがよく言われている「身に付く」ということだろうと思います。
基本は、薄茶の点前を繰り返しすることでしょうが、時々薄茶の点前に飽きる事があるのですが、、、

略点前

服紗をかけています丸盆に仕組みました略点前は正式な茶室でなく、適宜な部屋や、屋外でも手軽にお茶を楽しめます。

茶の湯は座敷で着物を着てするものとおもっていませんか?
もちろん客をおもてなしするには、正式にする事も大事ですが、急なお客様や友達同士で楽しみたい時など手軽にお茶を点てて楽しめます。

立礼卓

DSC03247写真は立礼卓です。
椅子に腰掛けてお点前をします。お客様も椅子に腰掛けますので、足が悪くて正座ができない方にはとても助かります。
この卓は扇面の形をしており14代而妙斎宗匠のお好みです。
向かって左側には釜を懸け、右側には水指、茶巾、茶杓、茶筅を仕組んだ茶碗と棗を飾っています。
水指は、比較的大ぶりで色合いは明るく、華やいだものをよく見かけます。

この状態からお点前をすることもあれば、すべての道具を運びつけて点前をはじめても良いそうです。
写真に写っていませんが、右側に小さな卓があります。茶を点てるとその小さな卓に差し出します。女性の場合は、右手前に仮置きをして、ひざを右斜めに回して、茶碗の向きを変え小さい卓に差し出す方が良いと思います。
立礼卓は、客が亭主の右側にくるように、本勝手の点前に据えると良いでしょう

中置の点前

中置の点前は、秋も深まり火が恋しく思う頃、風炉を客に近づけ、水指を遠のけて、客に暖かさを感じてもらおうとする心配りだと思います。

風炉は道具畳の中央に置きます。
水指は細水指を使い、蓋置きは竹を使います。  

<道具を運び出します>

水指を茶道口に置き一礼します。
水指は、道具畳で勝手付きに斜めに座り風炉と風炉先屏風の端の間に、正面が亭主のほうに向くように置く。(ここがちょと難しいですね)
立って、右足、左足、と引き右足を左足前に踏み出し、茶道口へ下がります。
(この時、客にお尻を向けるようになります。)
薄茶器と茶碗を持ち出し、道具畳で右に寄り座り、両器を客付き寄りに置きます。
(私は、風炉の横に棚があると思って、その前に置きます。)
建水に柄杓、蓋置きを仕組み持ち出し、蓋置きを水指の手前、勝手付きに亭主のほうへ正面がくる様に置きます。(蓋置きと水指の間に水指の蓋を置くスペースをあけておきます。)
柄杓を蓋置きに置き一礼する。

<水指の蓋の扱い>
運びの点前を続けていき、水指の蓋を右手でつまみを取り、体の前で左手で蓋の左上を持って、水指の左に立てかけます。(二手で扱います。)
お茶を点て、茶碗を客に出し、茶碗が返れば続けます。
おしまいをし、釜に水を足し水指の蓋をします。
蓋をするときは、左手で斜め上を取り、右手でつまみを持ち閉めます。

<茶碗の仮置きをします>
正客より拝見を請われたときは、茶碗を膝前に仮置きして、薄茶器を右手で取り左手のひらに載せ斜めに向き、常のように拝見に出します。茶杓も拝見に出します。
両器を拝見に出した後、茶碗と薄茶器のあった中央に茶碗を戻します。
建水と柄杓、蓋置きを水屋に下げた後、道具畳の中央に座り右手で茶碗をとり、左手を添えて水屋へ下げます。

<水指を引きます>
水指を下げる時は、水指に向かって座り、水指を持ち、立って右足、左足と引き、
右足を左足前に回して左足を踏み出し下がります。
茶道口で一礼し、戸を閉めて点前を終わります。

両器を拝見に出している時は、茶道口で座り水指を置き戸を閉めます。
拝見が終われば再び出て尋ねに応じます。




中置き

立礼卓の点前 

立礼卓の点前 ,梁海です。

お茶が点ち茶碗を脇の台に出します。半東が茶碗を客に取次ぎします。
客より(頂きます。)の挨拶を受け、服紗を帯につけます。
客から茶碗が戻れば、右斜めに回り右手で取り込み、左手で扱ってから、右手で一度
仮置きします。
体を正面に戻し、右点前、左横、右横と持ち替えて茶碗を体正面に戻します。
湯ですすぎ、薄茶の点前をそのまま続けます。
釜に2杓水を足し、湯返しをしてから、釜の蓋をします。水指の蓋をします。

正客より両器の拝見を請われればこれを受けます。
柄杓を取り、構えて蓋置きを取って、蓋置きの正面が手前になるように、向きを
変えます。柄杓の節上を右手で扱って、左手で切止めの近くを上から持ち、釜の横に縦に飾ります。

両器を拝見に出します。
まず、茶碗の右手前を持ち、左横、右横と持ち替えて体の正面に仮置きします。
茶器を右手で取り、左手で受けて、右に回り、水指の右手前に置きます。
(客に茶碗を出す時に茶碗を置いた位置と同じです。)
茶器のふたを拭いたあと、脇の台の上に出します。
体を卓の正面に戻し、茶杓を右手で取り、茶器の横に並べて出します。
卓の正面に戻り、茶碗を水指前に戻し、建水を持って下がります。
つづいて茶碗を持って下がり、水次やかんを持って出で、水指に水を足し、
水屋へ下がります。

客の拝見が終われば、道具の前に座り、正客のお尋ねに答えたあと,両器を水屋に下げ茶道口で一礼して、点前を終わります。
大勢の客が拝見する時は、両器をそのまま飾りつけする場合があります。
その時は、水次やかんを水屋に戻してから、茶道口に出て一礼し、点前を終わります。

立礼卓の点前

立礼は、椅子、テーブルを用いてする点前を言います。
明治時代以降、生活様式の欧米化に伴い考えられ、風炉の運び薄茶点前を基本にして行ないます。テーブルの立礼卓も各お家元によるお好みがあります。

一年を通じて行なわれる大寄せの茶会では、長時間座れない方や、初心者の方などには、とても楽にお茶の時間を楽しめるのではないかと思います。
席中には、掛物の替わりに、色紙や短冊を掛け、一輪差しや小さな籠に花をいけているのを見かけます。
また、お家元お好みの卓を使わずにアイデアを生かしたテーブルで行なう事もあります。お点前の作法は室内でする運びの薄茶点前と同じです。

まず道具を運び出します。
茶道口で一礼し、置きつけてある水指の前に、薄茶器、茶碗を持ち出し次に、建水を持ち出し、釜の下の棚に置きます。
場合によっては、水指の前に薄茶きと茶碗を置きつけておきます。
蓋置きを置く場所は、釜の左手前隅に置き、柄杓を引く時は、柄杓の柄を自分と平行になるように、釜前に横向きに置きます。
道具を順に清めていき、茶碗に抹茶を入れます。
水指のふたを開ける時、大きな蓋の時は水指の右横手前に伏せて置きます。
こうすると、ころころと蓋が回らず安心です。
お茶が立つと、茶碗を右横、左横、右手前と持ち替え卓の右横、手前に仮置きし、体を右に回して、茶碗の向きを替え脇の台の上に出します。
茶碗は、半東が客に取次ぎします。



濃茶と薄茶

濃茶と薄茶の違い

お茶のけいこは、薄茶や炭の点前を習い、やがて濃茶になります。
濃茶と、薄茶を比べてみると、薄茶が一人で一碗の茶を頂くのに対して、濃茶は数人の客で一碗の茶を頂きます。
薄茶は、細かい泡が表面に出来ていて、あっさりとした
味わいです。
濃茶は字のとおり、泡は立っていなくねっとりと濃い点て方です。
「濃茶を練る」といった言い方もされます。
私も習い始めの頃先生から、「ゆっくりと、練りなさい。」とよく言われていました。でも、ある会でお家元からいらした宗匠が点てた濃茶をいただいた時、自分が点てた濃茶とは、おいしさに違いがあることに驚きました。
私のお茶は、お客に出した時には冷めていました。
あれ以来、あの時頂いた味を出せるように気をつけて点てています。
ねっとり、まったり、ほっこり、そしてあったかい、あの味は忘れません。

客の作法 薄茶の頂き方

薄茶を頂きましょう。

薄茶はあっさりした味です。二服頂いてもかまいません。疲れた時など熱い薄茶を頂くと疲れが飛んでいきそうです。

さて、いよいよお茶が点ち自分の前に置かれました。
(茶会の時は自分の前に運んでくれます。)

茶碗をとり上座のほうへ置き「いかがですか」と尋ね、次に下座との間に置き「お先にいただきます。」と挨拶をします。
次に亭主に「頂戴いたします。」と挨拶した後、茶碗の正面をずらしていただきます。
飲み口を指で拭いてから茶碗の正面を戻します。
茶碗の拝見をします。



茶碗を回すのは何故?と、思ったことありませんか。

亭主はお茶碗の正面を客に向けて出します。大事な正面で飲んでは失礼になると言うことで正面が左横にくるように回します。
表千家流ではこのようにしますが、他の流派では作法が違う事があります。
作法が違っても、お茶をおいしく頂き、道具を大切に扱う事は同じと思います。


薄茶は三口半(みくちはん)で飲んでしまわないといけないの?
一般に三口半と言われていますが、あくまで標準ですのでお湯の熱さ、量、濃さにより自分がおいしく感じるように飲むことが良いと思います。
もちろん点てる側が適温、適量、適当な濃さになるように心がけて点てなければいけませんが。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ