茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



お濃

中置きの濃茶点前 続き

今日は、「文化の日」です。
日本中で文化祭が開かれているのではないでしょうか。
添え釜として、立礼の席が設けられている事でしょう。
立礼の席は、正式なお茶の心得がなくとも気軽に参加できる事が魅力だと思います。

昨日の続きを書きたいと思います。
茶碗が戻ってきましたので、茶筅をすすぎ、道具を片付けます。

〇 柄杓で水指から、水を一杓汲んで茶碗にいれ柄杓を釜の口にあずけ、茶筅をすすぎます。
〇 茶碗の水を建水にあけ、茶碗に茶巾をいれて膝前に置きます。茶筅もいれ、左手で建水を下げます。
〇 服紗をさばいて茶杓を拭き、茶碗に伏せて置きます。
男性の場合は、茶杓を持ち、左手で建水を下げ腰の服紗をちり打ちして、茶杓を拭く。女性の時と違いすっきりしていてとてもカッコいいですよ。
〇 右手で茶入れを、客付へ置く。初め茶碗と置き合わせた位置です。
茶碗を三手で持ち直し、茶入れの左横へ置き合わせます。
〇 柄杓を釜から持ち、水指から二杓ほど水を釜に足します。
〇 柄杓を左ひざ上で構え、釜の蓋をしてからもう一度蓋置きに引きます。
〇 水指の蓋を左手でとり右手でしめます。

正客から三器の拝見の所望を受けます。正客より拝見の所望を受ける

中置きの濃茶点前 続き 

正客より拝見の所望を受ける点てた濃茶を客に差し出し、居前に戻ります。

〇 正客が一口飲んだ頃、服かげんを尋ねてから、建水の下においている服紗をつけ、客付斜めに向きます。
〇 正客の茶銘、お詰の尋ねに答えて、お菓子や道具の尋ねがあれば答えて、末客の吸いきりの音を聞いて居前に戻ります。
〇正客から、茶碗と出し服紗が戻れば、客付斜めに回り、出し服紗をとり懐中し、茶碗を三手で扱い膝前に取り込みます。
男性の場合は、居前のまま出し服紗をとり、そのまま右手で懐に入れます。
次に茶碗をとり、体の正面で左手で扱って、茶碗の右横に持ち直し、膝前に置く。

〇 居前に戻り、茶碗を三手で扱い膝前に置き、客からの総礼を受けます。
〇 柄杓をとって湯を汲んで、茶碗にいれ、柄杓を釜に置きます。
〇 茶碗を2〜3度回してすすぎ、湯を建水に空けます。
〇 茶碗を膝前に置き、「おしまいいたします」の一礼をします。

中置きの濃茶点前

さあ!濃茶をお客様へ差し上げましょう!

濃茶を出し服紗を添えて客に出します○ 右手で茶杓をとり、左手で茶入れを持ち、茶杓を手のひらに握りこんで蓋をとり、茶碗の右横に置きます。
○ 茶入れを茶碗の左横へ持っていき、茶杓をすくうように持ち直し、人数分入れる。一人分3杓が目安です。
○ 人数分入れたら、茶入れは手元に引き、茶杓の先を茶碗の縁で軽く一つ打ち、茶碗の右寄りにあお向けて預ける。
○ 茶入れの蓋をして、左手で元の位置に戻す。
○ 茶碗に預けている茶杓を右手でとり、左手で扱いすくうように持ち直します。
○ 櫂先<茶杓の先の丸くなっているところ>で茶をさばき、茶杓を茶碗のヘリで2度軽く打って、茶をはらいます。
○ 茶杓を茶入れの上に戻し,その手で水指の蓋を二手で取り、水指の左に立てかけます。
○ 柄杓を上からとり、水を汲むように持ち直し水指の水を一杓汲み、釜に足します。
風炉の濃茶点前では、必ず釜に水を足し湯相をととのえます。
○ 釜の湯底から八分目ほど汲み、茶碗に適量注ぎ入れ、残りは釜に戻し柄杓を置き柄杓で釜の口に預ける。

○ 濃茶を練る時は、薄茶と違い茶の量が多いのでかたまりが出来ないように湯の量に気をつけてください。
○ 茶筅を取って、茶を練る。十分に練れたら茶筅を茶碗の左横に寄せかけておき、もう一度湯を八分目ほど汲み、適量足し入れ、残りの湯は釜に戻す。
○ もう一度茶筅をとり、茶と湯がなめらかに混ざるように練る。
○ 練りあがったら、茶筅を茶碗の手前側から抜き、元の位置に置く。
○ 右手で茶碗を持ちあげ、少し手前を持ち直し右膝横に仮置きします。
○ 客付斜めに回り、茶碗を右手で持ち向こうに2度回して正面を客に向けて出し、出し服紗を懐中から取り出し、左手で扱い、右手で横を持って茶碗の右横に並べて出します。
○ 釜正面に戻ります。

男性の場合は茶碗を、右膝横に仮置きせず、居前から右手で茶碗を定位置に出します。
右手で懐の出し服紗をとり、茶碗の右横に添えて出す。
女性の場合は、手間をかけますが、男性はすっきりした点前です。


中置きの濃茶点前 続き

建水を持ち出し、左脇に置きました。
濃茶を点てます蓋置き建水より取り出し、水指の左、勝手付に置き柄杓を引いて一礼します。居ずまいを直します。

さあ!今から雑念をはらい、おいしいおちゃをたてましょう。

道具を清めます。

○ 建水を進め、茶碗を三手で扱い膝前向こうに、茶入れを右手で膝と茶碗の間に置きます。
○ 茶入れの仕服をときます。とき方の説明は写真じゃないと難しいですね。
○ 仕服から取り出した茶入れを、茶碗と膝の間に置きます。
○ 両手で仕服を整えて風炉と客付の畳のヘリの中央あたりに置きます。
○ 服紗を左ひざ上で四方さばきをして、茶入れを左手で持ち、蓋をふき、胴をふき下ろし清めます。男性は蓋を拭いたあと、胴拭きをします。
四方さばきは、濃茶入れを清めるためにするさばき方です。
○ 茶入れは、薄茶の時茶器を置いた位置に置きます。
○ 服紗をさばき直して茶杓をふき、茶入れの蓋の上、釜つきに置きます。
中置きの場合は蓋の左側になります。
○ 右手で茶筅を、茶入れの右横に置き合わせ手から、茶碗を手前に少し引きます。
○ 左手に持っている服紗を、両手で二つに折り返し水指の塗り蓋を「二』の字にふきます。共蓋の場合は服紗で拭かず置く。
○ 服紗を左手に持たせ、茶碗の中の茶巾を拭いた所にのせます。
○ 服紗を右手で左膝頭に置き、柄杓を右手でとり、左手にもちかえ構え服紗で釜の蓋をあけ、蓋置きの上に置く。
男性の場合は、茶巾を水指の蓋にのせたあと、服紗を帯につける。釜の蓋は、素手であける。

さあ!今から茶筅通しをします。

○ 左手で構えている柄杓を右手にもちかえ、湯を8分目ほど汲んで茶碗に入れます。
○ 柄杓を釜の口に預けます。
○ 茶筅を右手で持ち、茶筅通しをして、茶碗を回しながら温めて、湯を建水に空けます。
○ 茶碗を左手に持たせ、右手で茶巾をとり茶碗をふき、茶巾を入れたまま、右手で茶碗を膝前に置きます。
○ 茶巾を取り出し、今度は、蓋置きの上の釜の蓋のうえに置きます。

中置きの濃茶点前

茶道の稽古は、立ち振る舞いの稽古に始まり、割り稽古、お菓子やお茶の頂き方などを習いながら、待ちに待った薄茶の稽古と進みますが、点前が上手、下手ではなくお茶の稽古は総合された知識が必要なのだと感じるようになるとおもいます。
でも、点前を覚える事で一生懸命ではないでしょうか?
薄茶に始まり濃茶と進みますが、濃茶の点前を文字で伝える事は難しいですね。
解りづらいと思いますが、読んでください。


点前の準備 飾りつけ点前の準備をします。
薄茶点前と違うところは、水指と茶入れを飾り付けする事です。
中置きの風炉の勝手付に斜めに水指の正面が亭主のほうを向くようにおきます。
茶入れを、風炉の斜め手前で風炉と畳のヘリ中央に飾ります
茶碗、建水を持ち出しましたさあ!濃茶点前をはじめましょう!
茶道口で茶杓、茶巾、茶筅を仕組んだ茶碗を膝前に置き、一礼します。
風炉の正面に座り、茶碗を膝前に仮置きします。
茶入れを右手で、少し右へ寄せ、茶碗を右手、左手、右手で扱い茶入れと置き合わせます。
建水を持ち出し、風炉の正面に座り左脇に置きます。


H20.10月20日濃茶客の作法も合わせてご覧ください。
H20.10月18、29日のお菓子の取り方もあわせてご覧ください

茶の湯 お茶のお稽古入門書 

子供が、「こんな本もあるよ」とDVD付きの「茶の湯 お茶のお稽古入門書」を、買ってきました。
よく見ると裏千家の本でしたが、裏千家の事を何も知らない私は、早速見せてもらった。DVDをみると女性の先生がわかりやすく解説をしていましたので、独学で気楽にするには良い教材だなと思いました。
表千家の点前だけを習った私には、裏千家の点前を興味深くみさせてもらいました。

特に濃茶を飲んだ後、濡れた茶巾で一人一人が飲み口を拭いていました。

知り合いが、表千家のお茶を習っていたのですが、濃茶を飲む時、同じところで飲む事に耐え切れなくて、稽古をやめてしまいました。
その話を聞いた時、わかる気がしました。私も、いやだなと思いましたが、濃茶は、このようにして飲むものなんだと、教えられて、当たり前のように飲んでいたので、知り合いの、いやだから稽古をやめた行動がうらやましかった。
私も失礼だけど思うときがあるのですよ、大寄せの茶会の時などは、できるだけ私の横に知らない男性がこないでほしいなと、、、、、
それと、表千家は飲み口を懐紙で拭くので口紅が残っている時があります。
女性同士でもいやな気分になりますので、特に気をつけています。

DVDでお稽古することもいいのですが、やはり稽古場で顔を見ながら、そしてお話を楽しみながらするお茶の稽古が楽しいですね。

島台茶碗

もうすぐ12月ですね。12がつがあっと言う間に過ぎ、次はお正月です。
月並みの言葉ですが、時が過ぎるのは早いですね。
 
お正月の初釜の時に島台茶碗で濃茶を頂きます。

島台茶碗は、井戸形の大小の茶椀の内側に金、銀の箔を押してあり、点前のときは
二つを重ねて持ち出します。
私が知っている限りでは、楽焼の茶碗に金銀を押しています。

重ねて使う茶碗の事を重ね茶碗と言いす。

島台茶碗で頂くお濃茶はとてもおいしいです。多分、気分が改まったときにいただく事と、茶碗のつくりが厚いので、お茶が冷えにくいのではないかなと思います。

濃茶 客の作法 男性

男子と女子の飲み方の大きな違いは、茶碗を手渡しで送る事です。

茶道は、本来は男子の作法でしたが、明治になってから女子のしつけの教育に取り入れてから今のように発展したと聞いています。

女子の点前は、細部にわたり丁寧です。私としては男子の点前の方が合理的と感じます。特に、茶を点て客に茶碗を出す時、女子の場合は一度仮置きしますが、男子の場合は仮置きせずに、そのまま手を伸ばし、いつもの場所へ出します。
その点前は、簡素でいいなあと感じます。

男子の濃茶の飲み方

正客は女子同様に、茶碗と出し服紗を持ちかえり、膝前、畳の縁外に置き、居ずまいを直します。
茶碗、出し服紗をとり次客との間、縁内におき「お先に頂きます。」の礼をします。
次客以下総礼をします。

正客は、茶碗を出し服紗の上にのせて、女子と同じように飲みます、
飲んだら、服紗にのせたまま茶碗を置き、飲み口を懐紙で拭きます。
拭き終えたら服紗の上で、茶碗の正面を戻します。

次客は、正客からお茶碗を受ける前に、お詰めに次礼をしておきます。
正客は、茶碗を出し服紗にのせたまま持ち、次客に手渡しで送ります。
正客は、次客に送り礼をし、次客はお茶碗を持ったままでこれを受けます。
次客は、お茶を飲み、同じように手渡しでお詰めに渡します。

お詰めは、飲み終えると茶碗を膝前、出し服紗をたたんでちゃわんの左横に置き飲み口を懐紙で拭きます。
茶碗の正面を戻し、膝前に置き、出し服紗を左手に持ち茶碗を持って左手を添えて
正客の前に進み、茶碗を返します。
お詰めは、膝を右に繰り自席へ戻ります。

講習会などで、男子だけの客の点前を見学することがありますが、女子に比べすっきりとしていてスピード感がある様に思います。

濃茶 客の作法

濃茶を飲んだ後、茶碗と出し服紗の拝見をします。

正客は、出し服紗を右手でとって茶碗の右横へ仮置きします。
茶碗を次客との間に置き、次礼をしてから自分の膝前におき拝見します。
拝見が済むと、次客に送ります。

次客は、三客に次礼をして、茶碗の拝見をします。
正客は、出し服紗も拝見して次客に送ります。
出し服紗を拝見する時は、手に持ったまま、裂地(きれじ)や模様を拝見します。
お詰めは茶碗の拝見が済むと、畳の縁外、自分の左膝前あたりに仮置きします。
出し服紗の拝見が済むとたたんで左手に持ち、茶碗をとり左手を添えて立ち炉畳で
正客と出会い、自分の膝前に茶碗と出し服紗を置き、茶碗の正面を正客にむけて、正客の右膝前に茶碗、左膝前に出し服紗を返す。
お詰めは、膝を繰り自席に戻ります。

正客は、出し服紗を少し左の方へ仮置きし、茶碗を膝前に置き拝見します。
拝見した茶碗を右膝をはなれる位置に仮置きしてから、出し服紗も拝見し茶碗の左に置きます。
茶碗と出し服紗の前に回り、初め亭主が拝見に出した位置に茶碗、出し服紗を向きを変えて戻します。
正客は、自席へ戻ります。

亭主が茶碗を取り込むと、客は亭主に対して総礼します。
総礼は、「ありがとうございました。ご馳走様でした」の、礼です。

濃茶の席では、正客、お詰めの役割が大切になります。
正式の茶事の場合は、正客のためにあり次客以下は相伴、または連客と呼ばれている位、正客は大切な立場です。

教室での毎回の稽古は、茶事の一部分をしています。けいこの回を重ねていき、茶事全体ができる様になります。


濃茶 客の作法

濃茶の飲み方

正客が飲んでいる間に、次客は三客(お詰め)へ次礼をします。
この次礼は、「お先に頂きます」の礼ですが、自分の席に茶碗が来てから次礼を
していたのでは、お茶が冷めるので早めにしておきます。
正客はのみ終わると茶碗を右手で膝前に、服紗を茶碗の左側に左手で置き、懐紙を懐より取り出し飲み口を拭きます。
使った懐紙は、小さく折り右のたもとに入れます。
茶碗を右手で取って、茶碗の正面が自分の方に戻るように、時計と反対の方向へ2度回し、次客との間に置きます。
正客は出し服紗を右手でとり、左手で茶碗の左横に置きます。
正客から次客へ送り礼をします。
次客は茶碗を膝前に置き、右手で出し服紗をとり、広げて茶碗をのせ飲みます。

次客がお茶を飲んでいる間に、正客は亭主に茶銘と詰めを尋ねます。
掛物や、道具、菓子の事を尋ねます。
三客(お詰め)も同様にお茶を飲み、最後にすい切りの音を立てて飲み、茶碗を拭きます。
三客(お詰め)は、出し服紗を右手でとり左手にのせ、茶碗を右手でとり左手を添え
てもち、正客の前に進んでいき座ります。
自分の膝前の右に茶碗、左に出し服紗を置きます。
茶碗を向こうに2度回し、正客の膝右前、畳の縁外に置き、出し服紗を右手でとり
くるりと向きをかえ茶碗の左(正客から見て)に置きます。
お詰めは右に膝を繰り、立って自席に戻ります。

客はお茶を飲み終わりましたので、今度は茶碗と、出し服紗の拝見をします。

文章にすると、右、左、横など面倒くさく感じますが、実際飲んでみると簡単です。

自分が姿勢を正して座り、体の正面にあるものを取る時は、右横をとり体を離れる時は右手前を取り送るようにすると、正確に、きれいに動作が出来ます。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ