茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



お濃

濃茶 客の作法

濃茶濃茶の飲み方

お茶の先生がきれいで、長生きするのはお茶をたくさん頂くからだと聞いています。
私も濃茶は、何枚分の茶葉を一度に飲むのだろう?と思うことがあります。

濃茶をいただく時に、出し服紗の上にのせて飲むのは、なぜなんだろうとずっと思っているのですが、多分、茶碗を大事に扱うためか、お茶が冷めないようにするためなのかなと思います。
数人で頂く濃茶は、飲みまわしている間に冷めてしまいますので、温かいうちに次の人に回すには心配りが必要です。
稽古を重ねていくうちに、心配りとはこんなものなんだなと思えるようになります。

女子の客3人で飲む場合
濃茶が出されると、正客は取りに出て、右手で茶碗を取り左手にのせ、右横を持って膝前に仮置きします。
右手で出し服紗を取り左手にのせて、右手で茶碗をとって左手で受けて出し服紗を添えて席に戻ります。
座ってまず、茶碗を畳の縁外、膝前に置き、その左横に出し服紗も置きます。
居ずまいを直します。
茶碗を右手でとり、左手で扱い右手で次客との間に置きます。この時は畳の縁内に置き、出し服紗を右手でとり左手で茶碗の左に置き、次礼をします。
この次礼は、(皆さんとお茶を頂きましよう)と言う礼ですので皆が礼をします。

さあ、濃茶を正客から飲み始めましょう。

正客は、次客との間に置いた茶碗を右手、左手、右手と扱い自分の膝前に置き、左手で出し服紗をとり、左手のひらにのせ右手で一つ開きます。
ちょうど手のひらの大きさになったと思います。
茶碗を開いた出し袱紗の上にのせ、軽くおしいただき、薄茶を飲む時と同じように
正面を左に向けて、一口飲みます。
一口飲んだら亭主から、「お服加減はいかがでしょうか」と挨拶がありますので、茶碗を持ったまま、「けっこうなお服加減でございます」などとこの挨拶を受け一礼します。一人が三口半ほどの量を目安に飲みます。

次客は、正客が亭主からの挨拶を受けて残りを飲んでいる間に三客に次礼をします。

濃茶の客作法

濃茶
薄茶は楽しい雰囲気の中で点前が進みますが、濃茶は厳粛な雰囲気の中で静かに進みますので私語は慎みます。
濃茶は、人数分が一つの茶碗で点てられ、客はこれを回し飲みします。
茶碗には、出し服紗が添えられますので出し服紗の上に茶碗をのせて飲みます。

男子と女子の飲む作法が少し違います。

濃茶は数人で回し飲みしますので、相客に対しての心配りが必要です。
特に女子は、口紅が茶碗についたままにならないよう、気をつけたいと思います。

濃茶と薄茶

濃茶と薄茶の違い

お茶のけいこは、薄茶や炭の点前を習い、やがて濃茶になります。
濃茶と、薄茶を比べてみると、薄茶が一人で一碗の茶を頂くのに対して、濃茶は数人の客で一碗の茶を頂きます。
薄茶は、細かい泡が表面に出来ていて、あっさりとした
味わいです。
濃茶は字のとおり、泡は立っていなくねっとりと濃い点て方です。
「濃茶を練る」といった言い方もされます。
私も習い始めの頃先生から、「ゆっくりと、練りなさい。」とよく言われていました。でも、ある会でお家元からいらした宗匠が点てた濃茶をいただいた時、自分が点てた濃茶とは、おいしさに違いがあることに驚きました。
私のお茶は、お客に出した時には冷めていました。
あれ以来、あの時頂いた味を出せるように気をつけて点てています。
ねっとり、まったり、ほっこり、そしてあったかい、あの味は忘れません。

お濃茶席

お濃茶席には、表千家・家元・而妙斎筆の「春秋多佳日」のお掛物が掛けられ、古銅耳付のお花には、ぼたんの花がいっれてあった。

なんと言っても、薯蕷万十を頂いた後の濃茶は、とてもおいしかった。

お茶銘は、小山園詰の「雲鶴」でした。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ