茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



研修

稽古が足りない

先日、お茶の講習会に行ってきました。
私は点前の当番ではなかったので、ゆっくりと講習を受ける事が出来ました。
午前中は、足もしびれずよかったのですが、午後はすぐ足がしびれて困りました。
足袋のこはぜをはずしたり、お尻を少し浮かしたりしながらどうにか終える事が出来ましたが、毎回、もう少しやせなくてはと思います。
終わりに、宗匠からお言葉がありました。
「今日、おけいこを見てきて皆さんの日ごろのおけいこが足りてないように思います」と言われてしまいました。
「お茶の稽古は、形を身に付けて心を入れるとお茶になります」とも言われました。

仕舞の稽古をしている友達に話したら、「仕舞の先生から仕舞の稽古は、形を覚えなさい。そして心を入れるのです。」と同じことを言われたそうです。

昔から伝わっている伝統芸能は、形の伝承が一番なのかなと感じました。


基本をしっかり覚える

お茶の講習会に参加しました。
夏の暑さが戻ったような蒸し暑い一日でした。
以前知り合いから聞いていました、「あの宗匠はとても厳しいお方よ」と。
厳しい方がうれしいなと思いましたが、はっきり言って、酸素不足で倒れそうでした。ピーンと張りつめた空気、足が痛くても崩せないつらさ、じわーと出てくる汗、大きく息をして空気を吸い込みたいけどできない雰囲気、とてもつらかったです。
でもつらい分だけ、大きな収穫がありました。
宗匠のおっしゃる、「基礎を繰り返し稽古する」大切さを勉強してきました。
部屋をしつらえる時、お道具を置く位置、点前の時におき合わせる畳の目数、お茶碗を出す位置、など再確認しました。

「畳の縁は踏まない」なんて基礎の基礎と思っているが、下を見て歩いているわけではないので、畳を斜めに歩いている時など踏んでいるようです。
足元を見ないでも、畳一畳を縁を踏まずに6歩で歩くことは、毎回の稽古の積み重ねなんでしょうね。勉強になった一日でしたが、肩がこりました。

おもてなしの心

講習会での事です。
薄茶点前の稽古が始まりました。亭主が茶道口で一礼、歩き出しました、サッサッサと、ちょっと早いかなと思ったら宗匠が、「すこしゆっくり歩きなさい」と注意しました。でも身についた歩き方はすぐに直るものではない。建水を取りに水屋へ帰るときもサッサッサ、部屋に入ってもサッサッサのままでした。
多分緊張して気持ちが先に行っているのだろう。
はたして自分はどの程度の速さで歩いているのだろう?と思った。

やっと点前も済み、茶道口で一礼したとき、宗匠から「もっとゆっくりお礼をしなさい、余裕を持ちなさい、茶道口に座ったら部屋を見渡し正客の顔を見てから一礼をするようにしなさい。その気持ちもおもてなしの心に通じます。点前が済めばよいというものではありません」とおっしゃいました。

私も時々してしまいます。「ああー、終わった」と思ったとたんに緊張が取れ、そのままお礼をしてしまう事が、

注意された方は気まずかったでしょうが、私たちにはよいお話でした。

九州 古陶磁の精華

福岡市美術館で催されている、「田中丸コレクションのすべて」の見学に行ってきました。

田中丸善八氏が、生涯をかけて蒐集された九州古陶磁のコレクションです。
約2時間をかけて回りましたが、まだまだ時間が足りないくらいでした。約180点の展示だそうですが、見ごたえのある展覧会でした。

まず最初に目に飛び込んだのが、
重要文化財の「絵唐津菖蒲文茶碗」えがらつあやめもんちゃわん です。
平成18年に、絵唐津茶碗としては初めて国指定重要文化財となったそうです。

次に、素朴なとくさ模様の「絵唐津木賊文茶碗」です。
田中丸家に招待された客はこの茶碗で喫茶し、その茶碗を色紙に画いていました。

とにかくすごかった。

展示されていたのは、茶碗、茶入れ、水指、花入れ、向付け、香炉、ぐいのみ、徳利
建水、香合、盃洗、台鉢、皿、壷、花瓶、置物、猪口、釜、蓋物、角鉢、銚子、燭台
片口、振り出しなどなどです。

茶碗、茶入れ、花入れ、水指などについている銘がとてもすばらしいと思った。
難しくて意味が解らないが、漢字を見ているだけで楽しくなった。

銘・・閑窓、舟越、離駒、波鼓、蓬莱、岸波、夏草露、高砂、貯月、若葉雨、若草、
   などなど。

唐津焼、高取、上野(あがの)、八代、小代(しょうだい)、薩摩、志賀、
柳原(やなぎはら)、現川(うつつがわ)、伊万里、鍋島、柿右衛門、長与、平戸、
亀山、須恵の焼物を展示していました。

昭和48年に78歳の生涯を閉じた田中丸氏は、生前、古陶磁感について、
 「私は名器は名器であるほど、毎日の生活の中で味わってみたいと心かけている。
香炉、花器、お鉢など夫々の機能に従ってこそ美の発見が出来ると思う。」
と、述べていたそうです。

すべての器がすばらしかったけど、その中で私は、
高取焼の「耳付四方水指」銘「若葉雨」
     雨に煙る若葉を連想させる美しい釉景色の水指です。
高取焼の「管耳撫四方水指」が、とても気に入りました。

福岡市美術館では、平成20年10月26日まで開催されています。
茨城会場ーー茨城県陶芸美術館では平成21年1月24日から3月15日までです。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ