茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



茶碗

薩摩焼

DSC03178薩摩焼の茶碗です。色合いと小さく描かれた花模様が好きです。

先日、「なんでも鑑定団」を見ていましたら、薩摩焼で黒物の茶碗が出ていました。
鑑定の結果200万円が付きました、。薩摩焼は当初黒く焼きあがる土で焼いていたので、黒物とよび、そのうち白く焼きあがる土を見つけてからは、白物を焼くことが多くなったと説明していました。
鑑定の茶碗は、茶だまりがないので、当初は蕎麦がきを食べる器だったそうですが、お茶人さんが抹茶茶碗として使用するようになったのではといっていました。
蕎麦がき用のちゃわんを抹茶茶碗に見立てて200万円。 すごいです。

茶溜まりとは、茶碗の底のすこしくぼんだところです。

200万円の茶碗には「霜夜」の銘がついていました。
今からの季節の銘にぴったりと思いませんか。


丹波の土を使いました

初めて茶碗をつくりました私が初めて茶碗を作りました。
昨年の秋、地区の婦人部の陶芸教室に参加した時の作品です。
写真で見ると上手にできていると思いませんか?
丹波の土を使いました。
私がした作業は、茶碗の形を作っただけで、後の作業は講師の先生が持ちかえり仕上げてくれました。

紐づくりの仕方で茶碗の形を作りました。
最初に粘土を平らにして底の部分を作り、その上に紐状にした粘土を積み重ねていき、継ぎ目を指で平らにしていきました。

でも、この茶碗持つと重いんです。
これでは茶碗に使えないなと思っていますが、先生いわく、「何度もするうちに、軽くなってきますよ、薄くなりますよ」
何も知らない私は、当日配られた土を、全部使うものと思い、茶碗を作ったので重いはずですね

もう少し大きかったら建水にできるのにと思いつつ、皆に披露しようと思っています。

Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ