茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



両器

中置きの薄茶点前 続き 4-4

拝見が済みました亭主は客が拝見をしている間、水屋で片づけをします。両器が戻れば席に出て正客のお尋ねに答えます。
両器を持って下がり、茶道口で両器を置き一礼します。

水屋で片づけをしている間、部屋の様子を気に掛けながらすばやくします。
拝見物が戻っているのに、いつまでも客を待たせることはよくありません。

失礼ですが若い方たちは、「衣擦れ」の意味解りますでしょうか?
着物を着て歩くと、裾の擦りあって音が出ますよね、あのことなんですね。

水屋で道具を片付けたあと茶道口に座り、部屋の様子に気を掛けます。
正客さんが、茶器、茶杓を戻し自分の席に戻る様子をあの衣擦れの音で聞き分けるくらい、静かに神経を集中しておくよう注意をされていました。

立礼卓の点前 

立礼卓の点前 ,梁海です。

お茶が点ち茶碗を脇の台に出します。半東が茶碗を客に取次ぎします。
客より(頂きます。)の挨拶を受け、服紗を帯につけます。
客から茶碗が戻れば、右斜めに回り右手で取り込み、左手で扱ってから、右手で一度
仮置きします。
体を正面に戻し、右点前、左横、右横と持ち替えて茶碗を体正面に戻します。
湯ですすぎ、薄茶の点前をそのまま続けます。
釜に2杓水を足し、湯返しをしてから、釜の蓋をします。水指の蓋をします。

正客より両器の拝見を請われればこれを受けます。
柄杓を取り、構えて蓋置きを取って、蓋置きの正面が手前になるように、向きを
変えます。柄杓の節上を右手で扱って、左手で切止めの近くを上から持ち、釜の横に縦に飾ります。

両器を拝見に出します。
まず、茶碗の右手前を持ち、左横、右横と持ち替えて体の正面に仮置きします。
茶器を右手で取り、左手で受けて、右に回り、水指の右手前に置きます。
(客に茶碗を出す時に茶碗を置いた位置と同じです。)
茶器のふたを拭いたあと、脇の台の上に出します。
体を卓の正面に戻し、茶杓を右手で取り、茶器の横に並べて出します。
卓の正面に戻り、茶碗を水指前に戻し、建水を持って下がります。
つづいて茶碗を持って下がり、水次やかんを持って出で、水指に水を足し、
水屋へ下がります。

客の拝見が終われば、道具の前に座り、正客のお尋ねに答えたあと,両器を水屋に下げ茶道口で一礼して、点前を終わります。
大勢の客が拝見する時は、両器をそのまま飾りつけする場合があります。
その時は、水次やかんを水屋に戻してから、茶道口に出て一礼し、点前を終わります。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ