茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



仕服

中置きの濃茶点前 続き

建水を持ち出し、左脇に置きました。
濃茶を点てます蓋置き建水より取り出し、水指の左、勝手付に置き柄杓を引いて一礼します。居ずまいを直します。

さあ!今から雑念をはらい、おいしいおちゃをたてましょう。

道具を清めます。

○ 建水を進め、茶碗を三手で扱い膝前向こうに、茶入れを右手で膝と茶碗の間に置きます。
○ 茶入れの仕服をときます。とき方の説明は写真じゃないと難しいですね。
○ 仕服から取り出した茶入れを、茶碗と膝の間に置きます。
○ 両手で仕服を整えて風炉と客付の畳のヘリの中央あたりに置きます。
○ 服紗を左ひざ上で四方さばきをして、茶入れを左手で持ち、蓋をふき、胴をふき下ろし清めます。男性は蓋を拭いたあと、胴拭きをします。
四方さばきは、濃茶入れを清めるためにするさばき方です。
○ 茶入れは、薄茶の時茶器を置いた位置に置きます。
○ 服紗をさばき直して茶杓をふき、茶入れの蓋の上、釜つきに置きます。
中置きの場合は蓋の左側になります。
○ 右手で茶筅を、茶入れの右横に置き合わせ手から、茶碗を手前に少し引きます。
○ 左手に持っている服紗を、両手で二つに折り返し水指の塗り蓋を「二』の字にふきます。共蓋の場合は服紗で拭かず置く。
○ 服紗を左手に持たせ、茶碗の中の茶巾を拭いた所にのせます。
○ 服紗を右手で左膝頭に置き、柄杓を右手でとり、左手にもちかえ構え服紗で釜の蓋をあけ、蓋置きの上に置く。
男性の場合は、茶巾を水指の蓋にのせたあと、服紗を帯につける。釜の蓋は、素手であける。

さあ!今から茶筅通しをします。

○ 左手で構えている柄杓を右手にもちかえ、湯を8分目ほど汲んで茶碗に入れます。
○ 柄杓を釜の口に預けます。
○ 茶筅を右手で持ち、茶筅通しをして、茶碗を回しながら温めて、湯を建水に空けます。
○ 茶碗を左手に持たせ、右手で茶巾をとり茶碗をふき、茶巾を入れたまま、右手で茶碗を膝前に置きます。
○ 茶巾を取り出し、今度は、蓋置きの上の釜の蓋のうえに置きます。

茶会

10月26日(日)に近くであった大寄せの茶会に行ってきました。
お濃茶席、お薄茶席ともにお寺であったのでゆったりとした雰囲気の中で、楽しむ事ができました。

濃茶席の掛物は「心外無別法」・・しんがいむべっぽう
        東大寺管長 海雲和尚(S50 68歳で亡くなる)
    
    茶入れ、古瀬戸 皆口(みなくち) 
     仕服 いちご裂

    茶杓  大亀老師自作 銘 還暦

薄茶席 掛物  洗心 (横物)紫野 雪窓

    棚   好文棚 

各席が終わったあとに、写真を撮らせて頂こうと思っていたのですが、何となく写真を撮ったら悪いかなと言う雰囲気でしたのでやめました。
そうなると私の頭の中は、時間が経つとほとんどの名前を忘れてしまっていました。
正客と亭主の息が合っていて、よい雰囲気でした。亭主の方が高齢でしたので同じことを2度お尋ねする事が多々ありましたので、私たちにとって、はっきりと会話を聞く事ができました。何が幸いするかわかりませんね。              
 
茶入れの皆口とは、茶入れの口が胴と同じ広さです。何度もお茶を掬うには大きい口の方がこぼさずに掬えるのでよいのかなと思います。                
仕服のいちご裂は、太い色糸で、丸形の花文を織り出し、この花をいちご(覆盆子)にみたてたのが、いちご裂の由来だそうです。

好文棚は1922年の北野献茶祭で惺斎が好んだ棚で梅の透かしがあります。

亭主が60歳になったので、記念に「還暦」の銘がある茶杓を使ったそうです。




Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ