茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



作法

裏千家の茶会

日曜日に息子と一諸に裏千家の茶会に行って来ました。
今まで気持ちの余裕のなかった私は、他流派の茶会に行く事が余りありませんでしたが、付き合いもあり今回は息子と出かけました。
息子にとっては初めての茶会です。家で何度か薄茶を飲んだ事はありますが、作法は教えていなかったのでためらいましたが、成人した男だからその場の空気は読めるだろうと思い一緒に出かけました。
服装は背広姿で、一応の持ち物は持たせました。

会場に着くと30分ほど待ったら席に入る事が出来ました。
亭主と正客の挨拶を聞きながら、ゆっくりした時間が流れ、毎日忙しくしている若者にとっては、別世界だったと思います。
濃茶をおいしく頂き、道具の説明を聞きながら、私もこんなにおいしいお茶を点てることが出来ているのだろうかと思いました。
長く稽古をされた方が水屋で点ててくださったのでしょう。
久しぶりにゆったりとした日曜日でした。

10月 中置き

10月 中置敷きがわらに鉄の前欠き風炉を据えてみました。
中置きは、暑い夏も過ぎだんだんと冷気を感じる10月ごろに風炉を畳の中央に据えます。
火をお客様に近づけてお茶を点て、名残りの時季を楽しみます。
H20.10.16のブログで点前の作法を書いていますので参考にしていただければと思います。

10月30日金曜日は「十三夜」です。仲秋の名月も美しいけど「十三夜」も空気が澄んでいてとても綺麗だと聞いています。
今年の十五夜は、とても綺麗でしたね。

茶事 朝茶 

初座 懐石(かいせき)作法

朝の軽い食事として一汁二菜の懐石を頂きます。

(亭主)
客に座布団をすすめる。
正客に膳を運び、正客は一膝進み出て膳を受け礼を交わして、膳を置く。
(正客)
一ひざ下がり、次客に「お先に」と会釈して膳を引く。
(亭主)
客一同に膳を運び出し、給仕口で「おとりあげください」と挨拶する。
(客)
一同「お相伴します」とあいさつをし、左右の椀の蓋を同時に取り、左の飯椀の蓋を下に、その上に右の汁椀の蓋を伏せて合わせ、膳の右横に置く。
先に飯を一口先にいただき、次に汁をいただく。
汁椀の飲み口は懐紙で清めて蓋をします。飯は常に少し残します。
(亭主)
香の物を運び出します。
亭主は左手に盃台、右手に銚子を持って正客の前に座り、盃台の向きを変えて正客の前に置く。
(正客)
盃台を次客との間に置いて一礼し、上の盃を取って亭主の酒を受ける。
(亭主)
お詰めまで酒をつぐと銚子を正客に預ける。
(客)
客は互いに酒をつぎ、向付をいただく。
(亭主)
飯次を持ち出す。
(正客)
飯次の蓋を亭主が開けるのを見て、「お任せを」と挨拶する。
(亭主)
飯次を正客に預け、飯次の上にのせてあった丸盆で汁替えをすすめ、正客は汁椀を差し出す。
(正客)
飯次の蓋を取り、蓋をお詰めまで送る。
(亭主)
汁を替えて正客にすすめる。
(客)
客は飯をとりまわし、お詰めは飯を残さずとりきる戸、飯次に蓋をして下座に預かる。
(正客)
頃合いを見て、香の物を向付の器に取り、次客に送る。
(亭主)
煮物椀をはこび、一同にはこびだしたら「冷めぬうちに」とすすめる。
二度目の飯次を持ち出し、正客にすすめる。
銚子も改めて持ち出し正客にすすめる。
強肴(しいざかな)を出す。
茶道口で相伴の挨拶をする。
(正客)
「お持ちだしを」と亭主にすすめる。
強肴をとりまわす。
(客)
互いに酒をついでいただく。
煮物もいただき終わると椀を懐紙で清め蓋をして、膳正面に返しておく。
飯も椀に少し残しておき、食事が終われば飯椀、汁椀の蓋を閉め盃も懐紙でぬぐい膳におく。
(お詰)
盃台を正客の前に運び、飯次、銚子、強肴の器を戸口まで返しておく。
(亭主)
頃合いを見て戸口をあけ、客に酒飯の具合を尋ね返された器を引く。
次に吸い物を出し、煮物椀を引いたら、戸口で「おとり上げを」の挨拶をする。
(客)
亭主の挨拶をうけ吸い物をいただく。いただき終えると懐紙で飲み口をぬぐい、蓋をしめて膳の右に置く。


いよいよ亭主と客の酒のやりとりが始まります。どうも私は[千鳥の盃]が苦手です。

茶事 朝茶 

初座 初炭(しょずみ)客の作法

席入りの後、亭主は炭をつぎます。

正客は炭手前を拝見しながら炭道具について尋ねます。
亭主がお香をたきおえ香合の蓋を閉めると、正客は香合拝見の所望をする。
亭主が炭斗を持って下がると、正客は香合の拝見を始める。
 香合を次客との間に置き、次礼をする。
 香合を膝前に置き、まず両手をついて全体を拝見し、次に蓋を取り蓋裏の花押など  拝見して右横に置き、本体も手に取り拝見し、蓋を閉めて、最後にもう一度
 全体を拝見する。香合を次客に送る。

次客はそのまま三客に次礼をして、正客と同じように拝見する。
お詰も同じように拝見して、拝見がすむと香合を持って立ち、道具畳近くまで進み座る。
正客も同じように道具畳近くまですすみ、お詰めと向かい合うように座る。
お詰は香合の向きを変えて、正客の膝前に返す。
正客はもう一度拝見をして、出されたところへ返し、席に戻る。
正客は亭主に香合について尋ねる。

炭点前が済むと亭主から「粗飯を差し上げます」との挨拶があります。

いよいよ懐石を頂きます。慣れない人にとっては、ちょっとややこしい所作ですが、楽しいひと時です。

客の作法 干菓子の頂き方

干菓子 1       干菓子 2

干菓子を頂きましょう。

薄茶のときに出されるお菓子を干菓子と呼んでいます。
塗りや木地の盆に盛って出されます。

お点前が始まる前に正客の前に持ち出されます。
干菓子が運ばれてきたらお礼をして右膝向こうに仮置きしておきます。
時期を見て菓子器をとなりの客との間に置き「お先にいただきます」と挨拶します。
自分の前に置いて亭主(お稽古のときはお点前の方)に「お菓子を頂戴いたします。」と挨拶します。
懐紙の輪を手前にして膝前に置き菓子を取ります。写真の場合は向こうの朝顔の菓子を先にとります。
次にもみじの菓子をとり、お盆をとなりに送ります。
お菓子をいただきます。

干菓子は水分の少ない菓子で落雁(らくがん)、せんべい、有平糖(あるへいとう)などがあります。
お茶会では亭主はお菓子にも心を配り、会の趣旨や季節などを考えて用意します。
その日のお茶とお菓子が季節と趣向にぴったりだったら客にとっていっそう印象深い楽しい会になるでしょう。

今年の春、茶会に参加したとき(梅の花の押し物とホトトギス)の形をした菓子が出ました。
一緒に行った友達はあまりにきれいで可愛いかったので食べずに持ち帰ったそうです。

礼儀と作法

お稽古を始めて日の浅い方にも大寄せの茶会に参加して、茶の湯の雰囲気を楽しんでほしいとつねずね思っているのですが、大寄せの茶会でも少人数の茶会でも客をもてなす亭主(主催者)の心には変わりなく心を込めて客をもてなしていますので厳粛な気持ちで参加してほしいと思っています。

お客としての心得も年月を重ねての稽古によって自然と身についてくるでしょう。
そうなれば益々お茶への興味と楽しみが増すことでしょう。

又、茶道の作法にはいろいろと決まりごとや、細かな動作が要求され面倒くささを感じる方もいるかも知れませんが、基本の作法をしっかりと身に付けることにより私たち、人と人とが社会の中で生きていく上で大切な、人に不快感を与えない礼儀作法や人を思いやる気持ちが茶道の作法を通じて知らず知らずのうちに身についてくるとおもいます。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ