茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



八寸

千鳥の盃 

今日は、知り合いから茶事の案内を受けています。
懐石の中に「千鳥の盃」がありますが、あの場面が、なかなか覚えられません。その場になると、何となく解ってくるのですが、、、、、、
 お酒が好きでないので、時折思います。酒でなく甘いお菓子のやりとりだったら、すぐ覚えるだろうって。
今から、イメージトレーニングで予習をしてみます。

○ 亭主は、八寸と銚子を持ち出し、正客の前に座り、酒をつぎ、吸い物椀の蓋に海のものを取り、正客へ返す。同じように詰まで酒と海のものを取りすすめる。

○ 亭主は酒を再び客にすすめるために、八寸と銚子を持って正客の前に戻り、八寸の向きを変え正客の前に置き、酒をつぐ

○ 正客が酒を飲み終わる頃、亭主は「お流れを」と正客に盃を請う。
正客は「別の盃のお持ちだしを」と自分の盃を出すのを遠慮するが、亭主の所望で正客は盃を清め盃台にのせ、盃台の向きを変え亭主の前に差し出す。

○ 亭主の盃に、次客が酒をつぎ、銚子の向きを変えて正客の方へ置く。その間に正客は自分の懐紙に八寸の海のものを取り、亭主の膝元に置きすすめ、八寸の向きを変え亭主の前に置く。

○ 次客が亭主に「お流れを」と所望する

時間になってしまいました。今回も相客の通りにします。

懐石道具

懐石道具01懐石道具02懐石道具03
懐石道具04懐石道具05

写真
銚子(ちょうし)・盃台(はいだい)・酒盃(しゅはい)
煮物椀(にものわん)・・大ぶりの塗りの椀です。
膳・・折敷(おしき)といい足のついていない膳
   向付(むこうづけ)・・普通は焼物の器を使います。
   飯椀(めしわん)・・・漆塗りの椀
   汁椀(しるわん)・・・漆塗りの椀
   箸(はし)・・・・・・水でよく湿した杉の膳箸

写真
飯器・・飯次(めしつぎ)
    飯さじ
    丸盆(まるぼん)

写真
八寸(はっすん)・・杉木地 通常、海と山のもの2種の酒肴を盛る
箸     ・・・・水で清めた青竹の両細の箸
吸い物椀(すいものわん)・小ぶりの塗り椀 箸洗い(はしあらい)とも言う
通い盆(かよいぼん)・・・塗りの丸盆

写真
炉用湯次(ろようゆつぎ)湯桶(ゆとう)とも言う いり米に湯を張っている
炉用湯の子掬い(ろようゆのこすくい)
香の物用の鉢
箸   ・・水で清めた白竹の両細の箸
長盆(ながぼん)・・湯次を湯の子掬いや香の物鉢などと一緒に持ち出す長方形の盆
          多人数の時は、煮物椀、吸い物椀なども数のせて、出し下げす              るのに使用する

写真
焼き物を盛る鉢・・青竹の両細の箸を添える
強肴(しいざかな)とよばれる「煮合わせ」や{和え物」の鉢・・白竹の両細箸を添える。

茶事 朝茶 

水屋で相伴の終わった亭主は吸い物を出して、次に八寸に通常、海と山の酒肴を盛り酒をつぎ、肴を勧めてさらに客と亭主との間に盃を交わします。

この盃は、正客の盃を亭主が頂き、そしてこの盃を、亭主から次客へ、次客から、亭主へ、又亭主から三客へと千鳥の足取りのように亭主とお客の間を動いていくので、[千鳥の盃]と呼ばれています。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ