茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



前欠き風炉

名残りの頃 10月

5月から11月の初めの頃までが風炉の時期です。
初風炉の頃の風炉釜は大ぶりで、真夏は小ぶりを使い、やがてまた大ぶりの風炉釜になっていきます。10月の終わりの今の時期は、中置きで大ぶりの風炉を据えています。一雨降るごとに寒さを感じるこの頃は,鉄の前欠き風炉を畳の中央に据えると、
火間から赤くおこった炭を見ると暖かく感じます。
水指は、風炉のさらに勝手付に運び出します。

前欠き風炉の丸灰の上に、火箸で筋をつけた掻き上げ灰は、名残りの頃に似合うようです。

名残りの茶事 道具

10月はお茶の世界では、名残りと呼ばれています。昨年の開炉の時から使い始めた茶壷の茶も残り少なくなり、茶の名残りが惜しまれるからです。
風炉から炉に移る少し前の10月すえごろ行なう茶事を「名残りの茶事」といいます

今頃は、茶壷の茶葉を臼で引く事も無く、初夏にはすぐに新茶が店頭にならぶので、
名残りの言葉は実感しがたいものです。しかし、秋深くなると何となく心寂しくなってきます。

取り合わせる道具は、丸く押さえられた灰に掻上げとよぶ縦の筋を入れた「鉄の前欠き風炉」や、「やつれ風炉」を中央に据えています。
すべてに渋みをただよわせ、花は、残花や返り花などをまじえ秋草をいけています。
少々ひび割れをつづくった茶碗や、茶入れなどもこの時季は面白いと言われています

昔、10月の末に行なわれた大きな茶会の時、やつれ風炉が据えられており、はじめて「やつれ風炉」を拝見させていただいた私は、鉄風炉の上部が欠けており驚きました。この時の主菓子は、栗きんとんだったことを覚えています。

Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ