茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



口切り

開炉 口切り

石臼お茶の正月と呼ばれている口切りの季節がやってきました。
暑い夏が過ぎたかと思ったら今度は、たのしいことをいっぱい出来る炉の季節です。
今年は、11月7日が立冬です。この頃になると柚子も黄色く色付き、吐く息も白くなると言われています。我が家の柚子はまだ色づいてませんが。
昨日の天気予報では、11月の初め強い寒気団が下りてくるので寒くなると予報していました。
そうなれば、柚子も色づくかもしれませんね。

今年の春に新茶を摘んで、茶壷に入れました。初めてのことなのでとても気になり、
茶壷を振ってみましたら、「シャカシャカ」と音がしました。
緑色のお茶ができていればうれしいのですが、、、、、、
「口切りの茶事」とまでは出来ないけど、稽古をしてみたいです。
そのときに写真の石臼で新茶を挽いてみようと思います。

畳の表替えをしました。畳の匂いはなんと表現したらいいかわかりませんね。
以外にきつい匂いなのですが、懐かしく、「フー」と子供の時の家族の姿が浮かんできます。

H20.10月21日の「開炉の頃」も、あわせてみてください

ふくべの花入れ

ふくべの花入れ私が知る限りでは、ふくべとは、巻き寿司の具に入っているかんぴょうの事だと思います。とは言ってもかんぴょうが初めからあんなに長いわけではなく、ユウガオの果実を帯状に剥いで加工するのですが、花入れは、中身を取り除いて加工すると思います。
 
「炭斗」 すみとりにも、ふくべがあります。
口切りや開炉のときに使われることが多く、侘びのお茶にぴったりだと思います。
でも以外に虫が入りやすいので保管に気をつけねばなりません。

新茶を摘みました

新茶4月のある日だったと思います。ふと友達から昨年聞いた話を思い出し、我が家の庭に植えている1本のお茶の木の葉を摘みました。
抹茶にするには黒のシートを、被せておくけど急に思い出したので、そんな準備はしていません。ただ新芽の2枚だけを摘んで、洗ってから蒸しました。それからすばやく乾燥させ壷に収めました。もちろんほんの少しですが和紙に入れて収めています。口切りの時期がたのしみです。
友達いわく、「私の場合最初の時は、みどり色のはずの茶葉が茶色だったよ」

口切り

茶席では、11月の初旬、立冬を待って、春から半年間使っていた風炉をしまい、炉を開きます。利休さんは、柚子が黄色く色ずく頃に、炉を開いたと言われています。
この開炉の頃は、また口切りの茶の時期でもあります。
5月に摘まれた新茶は、茶葉にされ、そのあと茶壷に詰められます。茶壷は、そのまま夏、秋を越し、開炉の時期を迎えます。その頃になると茶壷の中の茶葉は、まろみを帯びてまったりとした味わいになっているそうです。そこで初めて茶壷の口を切り
茶葉を臼でひいて茶をたてるのです。こうした新茶を初めてもてなすのが口切りの
茶事です。しかし、今は臼でひく方は少ないのではないでしようか。
口切りの茶事は、最も正式な茶事と言われております。また、その年の茶の使い始めで『茶の正月』とも言います。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ