茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



大寄せの茶会

御所車の香合

香合大寄せの茶会などで床の間にに飾っています。
どうして香合を飾るのだろうと思ったことがありましたが、飾るものなんだと思っていました。でも数年前本を読んでいたら「大寄せの茶会では炭点前を省略するので、香合を飾り置きしておく」と書いていたのでやっと疑問が解けました。

写真は、利休所持のすずり箱の写しで「御所車」です。 雅峯作です。

会記 茶会記

DSC03153DSC03156写真は、茶会記、会記と呼ばれているものです。茶会や茶事の道具組みを書きとめた記録で、もともとは、招かれた客が亭主のもてなしを受けその感激を、長く記録に書きとめたもので、道具の組み合わせをはじめ、炭道具や箱書付のことや、懐石料理の献立の事まで詳しく書きとめたそうです。

この頃の大寄せの茶会では、当日の道具組み等を記した会記を、きれいな料紙になどに印刷して来会者に渡したり、奉書に大きく書いて、寄付きの見やすい場所に、置いたり、張り出したりしています。

会記には、いつ、どこで、誰がに始まり、寄り付きに掛物があれば、寄付きの掛物から記して、次に本席の掛物、花入れ、花、釜と記してあります。最後に菓子と茶銘が記してあります。

私の場合は、茶席に入る前に、会記を拝見しておくと、○○焼の茶入れは?△△焼の水指は?と、楽しく、興味を持ちながら席入りすることができます。

でも、一席が30名や40名の席になると、亭主と正客の話のやりとりは聞こえない、やっと道具の拝見になっても、「次の席の方が待ってますので」と、追い立てられることもしばしばです。

茶会のマナー

先日、大寄せの茶会があり友達が釜を懸けるので参加しました。
今回の大寄せの茶会では、正客もスムースに決まり、一席に40名ほどが席入りしました。私は、下座にいくことが多いので、今回も下座に座りました。

40名が次々に席につくには多少の時間がかかります。
皆が席に着いているとき早くに席入りした60代前般らしき女性が、あろう事か、デジカメで掛け軸、お花、飾りつけの香合などを次々に撮り始めました。
年を重ねていくと女性はあつかましくなると言うが、厚かましいのではなく礼儀を知らないのではないだろうかと思わずに入られませんでした。
皆さんがお茶を飲み、お道具の拝見が済んだあとに、さっと撮るのであればいいでしょうが、まだ、会も始まっていない時に撮るのはマナー違反だと思います。
あの人が撮っているから、私も撮ろうなんてしないことですね。

Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ