茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



大徳寺

国師釜

昨日、茶事に呼ばれて行ってきました. 楽しい4時間でした。
亭主、客も勉強中の仲間でしたので、お互い知らないところは教えあいながらすすめていきましたので、足のしびれも、あまり気にならず時間がすぎました。

お道具の取り合わせは、私はよくわかりませんが、水指と香合をネットで買って「思わぬいいものがあり、楽しいです」とおっしゃっていました。

釜の事をお尋ねしましたら、20数年前、道具の事は何一つわからないときに、お道具やさんから畠春斎の国師釜を勧められたそうです。

畠春斎の名前も知らず、国師釜の名前さえも知らない時、「いい釜だから買っておきなさい」の一言で買い求めたそうです。
畠春斎師の工房は、富山県高岡市金屋にあり、初代春斎氏(1908-1981)から続く茶の湯釜の制作を手掛けています。
もしかして、友達の釜は、初代のお父様が制作した釜かも知れませんね。

国師釜は、大徳寺の春屋国師が所持していた事から名前がついたと記憶していますが、これからまた調べてみます。

掛物

立春を迎えると何となく暖かさを感じます。
吹く風にも春を感じます。

  遠仁者疎都
  富久者有智   前大徳 玄道

二行の掛物があります。なんとお読みしますか?
  おにはそと
  ふくはうち と、お読みします。

今日、犬の散歩をしていたら、ひばりがあちこちで「ピーチク ピチュ ピチュ」
と鳴いていました。え!もう!と思ったのですが?早いような気がします。
それに、庭の木にめじろがやってきていました。
みかんを切って置いた年もありましたが、今は、何となく面倒になったのでやめています。椿の蜜を吸ったり、つげの木の上をチョンチョン飛び回っています。

このところ、忙しくて、ゆくっりと庭を見ることがありませんでしたので、ここにも春が来ていたのですね。
梅の花が咲く頃には、ホーホケキョと鶯が木の陰で鳴くことでしょう!

掛け軸

床の間の掛け軸を拝見している時に、「前大徳○○』と書かれているのをよく見かけると思いますが「紫野○○」と書かれた掛け軸も拝見します。

僧位二番目の『前住位』という位を受けますと、本山で「改衣式」という式を行ないます。

この式は、一日だけ大徳寺の住職になる式で、この式をすませますと、以後は墨跡などに「前大徳寺」と書けるようになります。

「紫野」は塔頭の住職に限り書くことができることなっています。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ