茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



拝見

中置きの濃茶点前 続き 

正客より拝見の所望を受ける点てた濃茶を客に差し出し、居前に戻ります。

〇 正客が一口飲んだ頃、服かげんを尋ねてから、建水の下においている服紗をつけ、客付斜めに向きます。
〇 正客の茶銘、お詰の尋ねに答えて、お菓子や道具の尋ねがあれば答えて、末客の吸いきりの音を聞いて居前に戻ります。
〇正客から、茶碗と出し服紗が戻れば、客付斜めに回り、出し服紗をとり懐中し、茶碗を三手で扱い膝前に取り込みます。
男性の場合は、居前のまま出し服紗をとり、そのまま右手で懐に入れます。
次に茶碗をとり、体の正面で左手で扱って、茶碗の右横に持ち直し、膝前に置く。

〇 居前に戻り、茶碗を三手で扱い膝前に置き、客からの総礼を受けます。
〇 柄杓をとって湯を汲んで、茶碗にいれ、柄杓を釜に置きます。
〇 茶碗を2〜3度回してすすぎ、湯を建水に空けます。
〇 茶碗を膝前に置き、「おしまいいたします」の一礼をします。


中置きの薄茶点前 続き 4-4

拝見が済みました亭主は客が拝見をしている間、水屋で片づけをします。両器が戻れば席に出て正客のお尋ねに答えます。
両器を持って下がり、茶道口で両器を置き一礼します。

水屋で片づけをしている間、部屋の様子を気に掛けながらすばやくします。
拝見物が戻っているのに、いつまでも客を待たせることはよくありません。

失礼ですが若い方たちは、「衣擦れ」の意味解りますでしょうか?
着物を着て歩くと、裾の擦りあって音が出ますよね、あのことなんですね。

水屋で道具を片付けたあと茶道口に座り、部屋の様子に気を掛けます。
正客さんが、茶器、茶杓を戻し自分の席に戻る様子をあの衣擦れの音で聞き分けるくらい、静かに神経を集中しておくよう注意をされていました。

濃茶 客の作法

濃茶を飲んだ後、茶碗と出し服紗の拝見をします。

正客は、出し服紗を右手でとって茶碗の右横へ仮置きします。
茶碗を次客との間に置き、次礼をしてから自分の膝前におき拝見します。
拝見が済むと、次客に送ります。

次客は、三客に次礼をして、茶碗の拝見をします。
正客は、出し服紗も拝見して次客に送ります。
出し服紗を拝見する時は、手に持ったまま、裂地(きれじ)や模様を拝見します。
お詰めは茶碗の拝見が済むと、畳の縁外、自分の左膝前あたりに仮置きします。
出し服紗の拝見が済むとたたんで左手に持ち、茶碗をとり左手を添えて立ち炉畳で
正客と出会い、自分の膝前に茶碗と出し服紗を置き、茶碗の正面を正客にむけて、正客の右膝前に茶碗、左膝前に出し服紗を返す。
お詰めは、膝を繰り自席に戻ります。

正客は、出し服紗を少し左の方へ仮置きし、茶碗を膝前に置き拝見します。
拝見した茶碗を右膝をはなれる位置に仮置きしてから、出し服紗も拝見し茶碗の左に置きます。
茶碗と出し服紗の前に回り、初め亭主が拝見に出した位置に茶碗、出し服紗を向きを変えて戻します。
正客は、自席へ戻ります。

亭主が茶碗を取り込むと、客は亭主に対して総礼します。
総礼は、「ありがとうございました。ご馳走様でした」の、礼です。

濃茶の席では、正客、お詰めの役割が大切になります。
正式の茶事の場合は、正客のためにあり次客以下は相伴、または連客と呼ばれている位、正客は大切な立場です。

教室での毎回の稽古は、茶事の一部分をしています。けいこの回を重ねていき、茶事全体ができる様になります。


Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ