茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



掛け軸

茶会

11月の初めに、九州茶道会館の茶会に行って来ました。
今回の茶会でも収穫がたくさんありました。やはり茶会にいき収穫があるととてもうれしいですね。

茶道会館の「九畳敷」の部屋のお床に、
「山花開似錦」(さんかひらいて にしきににたり)の掛物が掛かっていました。
 この言葉の掛物を拝見できるのは、いつも4月ごろだったので、私は春に掛けるものだと思っていました。こんな事も知らない私が、ブログで掛物の事を書くのは早すぎたなと反省しつつもっと勉強をしようと思いました。

また、福岡市内にある「安国山 聖福寺」に懸けた濃茶席での 寄付(よりつき)に炭点前の道具を飾り付けしていました。

香合(こうごう)・・絵唐津 瓢箪
炭斗(すみとり)・・油竹組 隋流斎在判 了々斎加判
火箸(ひばし)・・・時代桑柄
羽箒(はぼうき)・・鶴  井上侯旧蔵
環(かん)・・・・・鉄象嵌  徳元作
釜敷(かましき)・・唐物南京玉籐組
灰器(はいき)・・・長次郎作
灰匙(はいさじ)・・時代桑柄

見るからに昔からのお道具と解るものでしたが、保管のよさに脱帽です。
特に、鶴の羽の羽箒に虫食いがないことです。
それに、今の羽箒に比べると半分くらいの大きさに驚きました。
昔の鶴は小さかったのでしょうか。

大勢の方々のお力で楽しい一日を過ごされた事に感謝します。

掛け軸

掛け軸2掛け軸1
偶然にも同じ方の書を掛けてあったので写真に撮りました。

松風一味禅・・しょうふういちみのぜん
松を吹く風には清らかな音がある。それを聴く私も心まで澄みわたり、最上の禅の心を味わえること。

閑坐聴松風・・かんざしてしょうふうをきく
静かに坐ればただ松風の音ばかり。耳で見て目で聴くように、体全体で松風の中にあるさま。

お茶の菓子 栗きんとん

もうすぐ11月です。

9月の床には「水清魚嚼月」の掛け軸がかけられ、10月になると「秋菊有佳色」の
掛け軸に、秋になった事を体と目で感じた。

10月のある日、宅急便で荷物が届いた。友人からです。なんだろうとワクワクしながら開けると、栗きんとんの字が目に入った。
「栗きんとん 本家 すや」の栗きんとんでした。

栞には、「栗きんとんは、蒸した栗をたて割りにして、竹べらで実をほじくりだす。
それを潰して少量の砂糖を加えながら煮る。煮あがったのを、茶巾絞りにする。
気抜けするほど簡単な加工だ。」と記してあったが、私にとって栗料理は大変な作業です。頂いてみると、ちょっと固めのきんとんでしたが、田舎風で栗そのものの味がしました。あればあるほど食べてしまいたくなる私の悪い癖で、ついつい手が出てしまいましたが、無くならないうちに隣のおばにおすそ分けしました。
秋のお茶のお菓子に喜ばれる事と思います。


掛け軸 月の字のつく語句

「月」の字が入っている字句を調べてみました。
「清風拂名月」 「掬水月在手」 「海月澄無影」 「水清魚嚼月」「吾心似秋月」
「歳月不待人」 「壷中日月長」 「水急不流月」 「夜深名月孤」「兎子望月」
「和月賣珊瑚」 「伴歸無月村」 「坐水月道場」 「月随碧山轉」「僧敲月下門」「月清千古秋」 「擔泉帯月帰」 「月下弾琵琶」 「山高月上遅」「止可談風月」「水和名月流」 「秋月掦明輝」 「池成月自来」 「山雲海月」 「月自風清」
「江月照松風吹」 「三十五夜中新月色」 「月上青山玉一団」「風吹不動天邊月」

読みと禅語の意味を調べようと思います。

もう10年ほど前の事ですが、資格者講習会の時に、お家元からお見えになった宗匠が、「皆さんは、もうお点前は出来ますので、これからはお家元の歴代の宗匠の事を調べるとか、焼物の事を調べるなど、点前以外の事を勉強して下さい。そうすれば、もっとお茶が楽しくなります。」と言われました。
時折、その言葉を思い出すのですが、なかなか行動に移すことはありませんでした。これからは、少しでも勉強して、お茶の幅を広げられたらと思います。 

清風拂名月

9月14日(旧暦の8月15日)は中秋の名月でした。
こちらはあいにくの曇り空で、満月はきれいに見られませんでした。
ススキや花などをさし、団子を供えて月見の茶会を楽しんだ方も大勢いらしたことでしょう。

この席で [清風拂名月] の掛け軸をよく拝見します。

  多分素直に読んだままの意味でよいのだと思います。
  秋の夜のすがすがしい風が名月にかかる雲を払うと言うことでしょう。

掛け軸

床の間の掛け軸を拝見している時に、「前大徳○○』と書かれているのをよく見かけると思いますが「紫野○○」と書かれた掛け軸も拝見します。

僧位二番目の『前住位』という位を受けますと、本山で「改衣式」という式を行ないます。

この式は、一日だけ大徳寺の住職になる式で、この式をすませますと、以後は墨跡などに「前大徳寺」と書けるようになります。

「紫野」は塔頭の住職に限り書くことができることなっています。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ