茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



服かげん

中置きの濃茶点前 続き 

正客より拝見の所望を受ける点てた濃茶を客に差し出し、居前に戻ります。

〇 正客が一口飲んだ頃、服かげんを尋ねてから、建水の下においている服紗をつけ、客付斜めに向きます。
〇 正客の茶銘、お詰の尋ねに答えて、お菓子や道具の尋ねがあれば答えて、末客の吸いきりの音を聞いて居前に戻ります。
〇正客から、茶碗と出し服紗が戻れば、客付斜めに回り、出し服紗をとり懐中し、茶碗を三手で扱い膝前に取り込みます。
男性の場合は、居前のまま出し服紗をとり、そのまま右手で懐に入れます。
次に茶碗をとり、体の正面で左手で扱って、茶碗の右横に持ち直し、膝前に置く。

〇 居前に戻り、茶碗を三手で扱い膝前に置き、客からの総礼を受けます。
〇 柄杓をとって湯を汲んで、茶碗にいれ、柄杓を釜に置きます。
〇 茶碗を2〜3度回してすすぎ、湯を建水に空けます。
〇 茶碗を膝前に置き、「おしまいいたします」の一礼をします。


自服 服かげん

お茶の稽古をしていると、まず言葉使いに驚きませんか?
あまり聞きなれない言葉が出てきますので驚きましたが、毎回聞いていると、自分のものになってきました。

濃茶を点てて、客に出し、正客が一口飲んだ後、亭主が「お服かげんは、いかがでしょうか?」と尋ねます
先生によってお答えの言葉は違いますが、「大変結構でございます。」「結構なお服かげんでございます」などお答えすると思います。
お服加減はいかがですか?とは、亭主が点てたお茶のお湯の温度や、お練具合、茶の濃さなどはどうでしたかと言うことです。

薄茶の時に、正客が「ご亭主もご自服ください」と亭主にすすめるときがあります。
その時は、亭主が点てたお茶を自ら飲むことです。

普段丁寧な言葉を使わなかった私は、お茶の席でことばが出てこなく、恥ずかしい思いをしたことがたびたびありました。
それで出来うる限り普段から言葉使いには、気をつけるようにしています。
でも、茶事の時の挨拶の稽古をするときは、やはり正客らしく時季の挨拶をすることが出来ません。
ただ、お茶の時の言葉を言うのではなく、社会に目を向け、季節を感じながら生活を普段からしているといいのかなと思ったりもします。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ