茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



服紗

中置きの濃茶点前 続き

建水を持ち出し、左脇に置きました。
濃茶を点てます蓋置き建水より取り出し、水指の左、勝手付に置き柄杓を引いて一礼します。居ずまいを直します。

さあ!今から雑念をはらい、おいしいおちゃをたてましょう。

道具を清めます。

○ 建水を進め、茶碗を三手で扱い膝前向こうに、茶入れを右手で膝と茶碗の間に置きます。
○ 茶入れの仕服をときます。とき方の説明は写真じゃないと難しいですね。
○ 仕服から取り出した茶入れを、茶碗と膝の間に置きます。
○ 両手で仕服を整えて風炉と客付の畳のヘリの中央あたりに置きます。
○ 服紗を左ひざ上で四方さばきをして、茶入れを左手で持ち、蓋をふき、胴をふき下ろし清めます。男性は蓋を拭いたあと、胴拭きをします。
四方さばきは、濃茶入れを清めるためにするさばき方です。
○ 茶入れは、薄茶の時茶器を置いた位置に置きます。
○ 服紗をさばき直して茶杓をふき、茶入れの蓋の上、釜つきに置きます。
中置きの場合は蓋の左側になります。
○ 右手で茶筅を、茶入れの右横に置き合わせ手から、茶碗を手前に少し引きます。
○ 左手に持っている服紗を、両手で二つに折り返し水指の塗り蓋を「二』の字にふきます。共蓋の場合は服紗で拭かず置く。
○ 服紗を左手に持たせ、茶碗の中の茶巾を拭いた所にのせます。
○ 服紗を右手で左膝頭に置き、柄杓を右手でとり、左手にもちかえ構え服紗で釜の蓋をあけ、蓋置きの上に置く。
男性の場合は、茶巾を水指の蓋にのせたあと、服紗を帯につける。釜の蓋は、素手であける。

さあ!今から茶筅通しをします。

○ 左手で構えている柄杓を右手にもちかえ、湯を8分目ほど汲んで茶碗に入れます。
○ 柄杓を釜の口に預けます。
○ 茶筅を右手で持ち、茶筅通しをして、茶碗を回しながら温めて、湯を建水に空けます。
○ 茶碗を左手に持たせ、右手で茶巾をとり茶碗をふき、茶巾を入れたまま、右手で茶碗を膝前に置きます。
○ 茶巾を取り出し、今度は、蓋置きの上の釜の蓋のうえに置きます。

紹おう棚 (じょうおうだな)

DSC03145利休の師である武野紹おうの好みといわれています。地袋の客付き(向かって右側)に、背の低い平水指を入れておきます。
好みの水指がありますが、特に惺斎宗匠の好みのモール捻梅(捻子梅)の形の水指が知られています。この棚は、炉の時期のみ使用します。豪華な棚なのでお祝いの時、
特にお正月に使われることが多いようです。

写真は、濃茶の点前(てまえ)の飾り付けをしたところです。

紹おう棚で濃茶点前

茶道口で茶碗を膝前に置き一礼します。
道具畳中央に座り、茶碗を左手で仮置きします。
茶入れを少し右寄りに移し、茶碗と置きあわせる。
蓋置きを、炉ぶちの右の角横に置き、柄杓を引いて一礼する。
一礼の後、居前を炉ぶちの外隅に定め斜めに座ります。
建水を進め、茶碗を膝前に置き、茶入れを膝と茶碗の間におき、緒を解く。
袋を棚の地袋の上、左隅、柱に近いところにおきます。
四方さばきをして茶入れを拭き清め、棚前中央より左寄りにおきます。
服紗で茶杓を清め、茶入れの上に置き、茶筅も置き合わせます。
茶碗を引き、服紗で水指の蓋を清め茶巾を置きます。
左手の服紗を右手に持ち替え、右膝横に置きます。
柄杓を取り左手に構え、右手で服紗を取り、釜の蓋を開け蓋置きの上に置き、服紗を右膝横に置きます。
引き続き茶筅通しをして、茶碗のお湯を建水にあけ、茶巾で茶碗を拭きます。
茶碗を膝前に置き、茶巾を水指の蓋の上に戻します。
茶碗にお茶をはき、茶杓を茶碗の縁で軽く一度打ち茶碗に預け、茶入れの蓋をして、元の位置に戻す。常のように濃茶を点てる。
お茶碗を炉縁の横の客付に出し、出し服紗を添える。
居前に戻り、正客が一口飲んだところで、正客に「いかがでございますか」と一礼をし、炉の濃茶では、中じまいをします。

中じまいは、いったん点前をしまうところから、中じまいと呼んでいます。

中じまいは、まず建水のうしろの服紗をとり、帯につけます。
柄杓を取って構え、釜の蓋をし柄杓を建水に合(ごう)を落としてかけ、蓋おきを建水の後ろ、柄杓の柄の下に置き客付正面に回ります。

濃茶 客の作法 男性

男子と女子の飲み方の大きな違いは、茶碗を手渡しで送る事です。

茶道は、本来は男子の作法でしたが、明治になってから女子のしつけの教育に取り入れてから今のように発展したと聞いています。

女子の点前は、細部にわたり丁寧です。私としては男子の点前の方が合理的と感じます。特に、茶を点て客に茶碗を出す時、女子の場合は一度仮置きしますが、男子の場合は仮置きせずに、そのまま手を伸ばし、いつもの場所へ出します。
その点前は、簡素でいいなあと感じます。

男子の濃茶の飲み方

正客は女子同様に、茶碗と出し服紗を持ちかえり、膝前、畳の縁外に置き、居ずまいを直します。
茶碗、出し服紗をとり次客との間、縁内におき「お先に頂きます。」の礼をします。
次客以下総礼をします。

正客は、茶碗を出し服紗の上にのせて、女子と同じように飲みます、
飲んだら、服紗にのせたまま茶碗を置き、飲み口を懐紙で拭きます。
拭き終えたら服紗の上で、茶碗の正面を戻します。

次客は、正客からお茶碗を受ける前に、お詰めに次礼をしておきます。
正客は、茶碗を出し服紗にのせたまま持ち、次客に手渡しで送ります。
正客は、次客に送り礼をし、次客はお茶碗を持ったままでこれを受けます。
次客は、お茶を飲み、同じように手渡しでお詰めに渡します。

お詰めは、飲み終えると茶碗を膝前、出し服紗をたたんでちゃわんの左横に置き飲み口を懐紙で拭きます。
茶碗の正面を戻し、膝前に置き、出し服紗を左手に持ち茶碗を持って左手を添えて
正客の前に進み、茶碗を返します。
お詰めは、膝を右に繰り自席へ戻ります。

講習会などで、男子だけの客の点前を見学することがありますが、女子に比べすっきりとしていてスピード感がある様に思います。

表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 3

出し服紗出し服紗 (だしふくさ)
濃茶を差し出すとき、茶碗に添えて出す服紗です。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ