茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



水屋

おもてなしの心

講習会での事です。
薄茶点前の稽古が始まりました。亭主が茶道口で一礼、歩き出しました、サッサッサと、ちょっと早いかなと思ったら宗匠が、「すこしゆっくり歩きなさい」と注意しました。でも身についた歩き方はすぐに直るものではない。建水を取りに水屋へ帰るときもサッサッサ、部屋に入ってもサッサッサのままでした。
多分緊張して気持ちが先に行っているのだろう。
はたして自分はどの程度の速さで歩いているのだろう?と思った。

やっと点前も済み、茶道口で一礼したとき、宗匠から「もっとゆっくりお礼をしなさい、余裕を持ちなさい、茶道口に座ったら部屋を見渡し正客の顔を見てから一礼をするようにしなさい。その気持ちもおもてなしの心に通じます。点前が済めばよいというものではありません」とおっしゃいました。

私も時々してしまいます。「ああー、終わった」と思ったとたんに緊張が取れ、そのままお礼をしてしまう事が、

注意された方は気まずかったでしょうが、私たちにはよいお話でした。

茶事 朝茶 

水屋で相伴の終わった亭主は吸い物を出して、次に八寸に通常、海と山の酒肴を盛り酒をつぎ、肴を勧めてさらに客と亭主との間に盃を交わします。

この盃は、正客の盃を亭主が頂き、そしてこの盃を、亭主から次客へ、次客から、亭主へ、又亭主から三客へと千鳥の足取りのように亭主とお客の間を動いていくので、[千鳥の盃]と呼ばれています。

茶事 朝茶 

客の作法
先方へ着き、亭主とどんなに親しい間柄でも決して水屋まで行き挨拶をしてはいけません。
亭主と言葉を交わせるのは客一同が座に着き、亭主が挨拶に出てから初めて挨拶を交わす事ができます。
こんな約束事はロマンチックですね。
胸がワクワクします。早く席入りしたいと思います。

迎付(むかえつけ)席入り
亭主がつくばいに水を注ぐ音を聞き、中門近くに進む気配に客も腰掛を立って中門近くでつくばいます。

迎え付けの礼に無言で総礼し腰掛けに戻ります。
しばらく待ってから円座を壁に持たせかけて立ち、末客は円座を元のように重ね、煙草盆を上に乗せてから連客に続き中門を閉めて、掛け金をかけておきます。

正客からつくばいの水を汲んで左手を清め、柄杓を持ち替えて右手を清めます。
もう一杯水を汲み、左手に水を受けて口をすすぎます。
にじり口前の沓脱ぎ石につくばった正客は、戸を開け扇子を敷居の向こうへ置いて中をうかがい、室内へあがり、草履をそろえて沓脱ぎ石の近くに立てかけます

床の前に進み、扇子を前に両手をついて掛物を拝見し、続いて道具畳にまわり風炉などの飾り付けを拝見して定座に着きます。
末客はにじり口の戸を音を立てて閉め掛け金を閉め、続いて拝見に進みます。
正客は亭主に「どうぞ、お進みを」と挨拶をする。正客から順に一膝前に出て、時候のあいさつをし、招かれた礼を述べる。
正客は、寄り付、待合、露地の心配りを謝し、寄り付や本席の掛物等について尋ねる

点前の道具

茶碗
1 茶碗(ちゃわん) お茶を頂くときに必ず必要な道具です。
2 茶杓(ちゃしゃく)茶器から茶をすくう道具です。
3 茶筅(ちゃせん) お茶をたてるためにつかう竹の道具です。
4 茶巾(ちゃきん) 点前中に茶碗をふくための布です。

建水
5 柄杓(ひしゃく) 釜や水指から湯や水を汲むために使用する竹の道具です。
6 建水(けんすい) 点前のときに茶碗をすすいだ湯や水をあけるための器です。[こぼし]ともいいます。
7 蓋置(ふたおき) 点前中に釜の蓋をのせるための道具です。竹や陶磁器を使います。 

水屋で写真のように仕組んでから点前の時に運び出します。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ