茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



水次

花寄せ

花寄せ天然忌の時に行事として行ないます。
花寄せは風炉の季節に行ない、天然忌の時は「葭六曲屏風」よしろっきょくびょうぶ
や、床、柱、書院など花入れのおけるところや、掛けられるところに掛け、置く場所によっては薄板、長板など置いて花入れを置き、八分目ほどの水を入れておきます。
花台、盆などに時季の花をたくさん盛って、水次に茶巾を添えて右方上に置き、花きり小刀を左手前に置きます。
花寄せの時は、普段茶花として使いにくい花もいけてよいことになっています。

立礼卓の点前 

立礼卓の点前 ,梁海です。

お茶が点ち茶碗を脇の台に出します。半東が茶碗を客に取次ぎします。
客より(頂きます。)の挨拶を受け、服紗を帯につけます。
客から茶碗が戻れば、右斜めに回り右手で取り込み、左手で扱ってから、右手で一度
仮置きします。
体を正面に戻し、右点前、左横、右横と持ち替えて茶碗を体正面に戻します。
湯ですすぎ、薄茶の点前をそのまま続けます。
釜に2杓水を足し、湯返しをしてから、釜の蓋をします。水指の蓋をします。

正客より両器の拝見を請われればこれを受けます。
柄杓を取り、構えて蓋置きを取って、蓋置きの正面が手前になるように、向きを
変えます。柄杓の節上を右手で扱って、左手で切止めの近くを上から持ち、釜の横に縦に飾ります。

両器を拝見に出します。
まず、茶碗の右手前を持ち、左横、右横と持ち替えて体の正面に仮置きします。
茶器を右手で取り、左手で受けて、右に回り、水指の右手前に置きます。
(客に茶碗を出す時に茶碗を置いた位置と同じです。)
茶器のふたを拭いたあと、脇の台の上に出します。
体を卓の正面に戻し、茶杓を右手で取り、茶器の横に並べて出します。
卓の正面に戻り、茶碗を水指前に戻し、建水を持って下がります。
つづいて茶碗を持って下がり、水次やかんを持って出で、水指に水を足し、
水屋へ下がります。

客の拝見が終われば、道具の前に座り、正客のお尋ねに答えたあと,両器を水屋に下げ茶道口で一礼して、点前を終わります。
大勢の客が拝見する時は、両器をそのまま飾りつけする場合があります。
その時は、水次やかんを水屋に戻してから、茶道口に出て一礼し、点前を終わります。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ