茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



濃茶

中置きの濃茶点前 続き

建水を持ち出し、左脇に置きました。
濃茶を点てます蓋置き建水より取り出し、水指の左、勝手付に置き柄杓を引いて一礼します。居ずまいを直します。

さあ!今から雑念をはらい、おいしいおちゃをたてましょう。

道具を清めます。

○ 建水を進め、茶碗を三手で扱い膝前向こうに、茶入れを右手で膝と茶碗の間に置きます。
○ 茶入れの仕服をときます。とき方の説明は写真じゃないと難しいですね。
○ 仕服から取り出した茶入れを、茶碗と膝の間に置きます。
○ 両手で仕服を整えて風炉と客付の畳のヘリの中央あたりに置きます。
○ 服紗を左ひざ上で四方さばきをして、茶入れを左手で持ち、蓋をふき、胴をふき下ろし清めます。男性は蓋を拭いたあと、胴拭きをします。
四方さばきは、濃茶入れを清めるためにするさばき方です。
○ 茶入れは、薄茶の時茶器を置いた位置に置きます。
○ 服紗をさばき直して茶杓をふき、茶入れの蓋の上、釜つきに置きます。
中置きの場合は蓋の左側になります。
○ 右手で茶筅を、茶入れの右横に置き合わせ手から、茶碗を手前に少し引きます。
○ 左手に持っている服紗を、両手で二つに折り返し水指の塗り蓋を「二』の字にふきます。共蓋の場合は服紗で拭かず置く。
○ 服紗を左手に持たせ、茶碗の中の茶巾を拭いた所にのせます。
○ 服紗を右手で左膝頭に置き、柄杓を右手でとり、左手にもちかえ構え服紗で釜の蓋をあけ、蓋置きの上に置く。
男性の場合は、茶巾を水指の蓋にのせたあと、服紗を帯につける。釜の蓋は、素手であける。

さあ!今から茶筅通しをします。

○ 左手で構えている柄杓を右手にもちかえ、湯を8分目ほど汲んで茶碗に入れます。
○ 柄杓を釜の口に預けます。
○ 茶筅を右手で持ち、茶筅通しをして、茶碗を回しながら温めて、湯を建水に空けます。
○ 茶碗を左手に持たせ、右手で茶巾をとり茶碗をふき、茶巾を入れたまま、右手で茶碗を膝前に置きます。
○ 茶巾を取り出し、今度は、蓋置きの上の釜の蓋のうえに置きます。

紹おう棚 (じょうおうだな)

DSC03145利休の師である武野紹おうの好みといわれています。地袋の客付き(向かって右側)に、背の低い平水指を入れておきます。
好みの水指がありますが、特に惺斎宗匠の好みのモール捻梅(捻子梅)の形の水指が知られています。この棚は、炉の時期のみ使用します。豪華な棚なのでお祝いの時、
特にお正月に使われることが多いようです。

写真は、濃茶の点前(てまえ)の飾り付けをしたところです。

紹おう棚で濃茶点前

茶道口で茶碗を膝前に置き一礼します。
道具畳中央に座り、茶碗を左手で仮置きします。
茶入れを少し右寄りに移し、茶碗と置きあわせる。
蓋置きを、炉ぶちの右の角横に置き、柄杓を引いて一礼する。
一礼の後、居前を炉ぶちの外隅に定め斜めに座ります。
建水を進め、茶碗を膝前に置き、茶入れを膝と茶碗の間におき、緒を解く。
袋を棚の地袋の上、左隅、柱に近いところにおきます。
四方さばきをして茶入れを拭き清め、棚前中央より左寄りにおきます。
服紗で茶杓を清め、茶入れの上に置き、茶筅も置き合わせます。
茶碗を引き、服紗で水指の蓋を清め茶巾を置きます。
左手の服紗を右手に持ち替え、右膝横に置きます。
柄杓を取り左手に構え、右手で服紗を取り、釜の蓋を開け蓋置きの上に置き、服紗を右膝横に置きます。
引き続き茶筅通しをして、茶碗のお湯を建水にあけ、茶巾で茶碗を拭きます。
茶碗を膝前に置き、茶巾を水指の蓋の上に戻します。
茶碗にお茶をはき、茶杓を茶碗の縁で軽く一度打ち茶碗に預け、茶入れの蓋をして、元の位置に戻す。常のように濃茶を点てる。
お茶碗を炉縁の横の客付に出し、出し服紗を添える。
居前に戻り、正客が一口飲んだところで、正客に「いかがでございますか」と一礼をし、炉の濃茶では、中じまいをします。

中じまいは、いったん点前をしまうところから、中じまいと呼んでいます。

中じまいは、まず建水のうしろの服紗をとり、帯につけます。
柄杓を取って構え、釜の蓋をし柄杓を建水に合(ごう)を落としてかけ、蓋おきを建水の後ろ、柄杓の柄の下に置き客付正面に回ります。

島台茶碗

もうすぐ12月ですね。12がつがあっと言う間に過ぎ、次はお正月です。
月並みの言葉ですが、時が過ぎるのは早いですね。
 
お正月の初釜の時に島台茶碗で濃茶を頂きます。

島台茶碗は、井戸形の大小の茶椀の内側に金、銀の箔を押してあり、点前のときは
二つを重ねて持ち出します。
私が知っている限りでは、楽焼の茶碗に金銀を押しています。

重ねて使う茶碗の事を重ね茶碗と言いす。

島台茶碗で頂くお濃茶はとてもおいしいです。多分、気分が改まったときにいただく事と、茶碗のつくりが厚いので、お茶が冷えにくいのではないかなと思います。

懐紙

私たちが茶席で使う懐紙は、他の道具に比べればとても地味な存在です。
でも、ないと困る存在です。
稽古のときなど忘れていると、あわてて隣の方に「すみません」と言って数枚いただくことになります。

懐紙には、すずり箱に重ねて茶席に飾る料紙と、茶席で常に懐中する紙とがあります。
私たちが茶席で使う懐紙は

<まずお茶を飲んだ後、お茶碗を拭きます>
薄茶の場合は、茶碗の飲み口を指で拭いてから、その指を懐中している懐紙で拭きます。
濃茶を飲んだ後は、茶碗の飲み口を懐紙で拭きます。
この場合は、懐に入れている懐紙を一枚取り出し、二つ折り(懐紙を一枚にひろげ、
半分にした状態)にして、懐紙の角で拭き、拭いた所を内側に折り、次に他の角で
同じように拭き、3度ほど拭くときれいになると思います。
ふき取った懐紙は、お茶がついている方を内側に折りこんで、最後に一ひねりして、
右のたもとに入れます。洋服の時はポケットに入れるか、懐紙の間にはさみます。
あまり丁寧に拭きすぎて時間をかけないように、また飲み口にお茶が残っていないよう気をつけます。
四つ折にして拭いたり、拭き方は人によりいろいろです。

濃茶のとき、お茶碗をきれいに拭く事は、以外に難しいものです。
特に稽古場以外の時など、次の人が待っていると思うと益々上手く拭けないのです。
毎回の稽古を重ねていけば、いつしか上手になっていますから、あわてない様に。

<お菓子をいただくときに使います>
<懐石の時、お碗を清める時に使います>

大きさに、大小二通りあり、大型は男性のみ使用します。
小型は、男子、女子ともに使用します。

懐紙は以外に使いますので、多めに持つ方がいいですね。

お菓子の取り方 頂き方

濃茶、薄茶を頂く前にお菓子を必ず頂きます。
濃茶のお菓子は、主菓子(おもがし)と言われ生菓子のことです。
薯蕷まんじゅう,練りきり、葛菓子、きんとんなどがあり、季節感のある菓子が
用意されます。

主菓子を盛る器には、縁高、蓋のある食籠、蓋のない菓子鉢、一人分を盛る銘銘皿
などがあります。
縁高(ふちだか)は、正式な茶事の時に用いる、5段重ねの菓子器です。

ここでは、普通の稽古のときによく使う食籠(じきろう)の扱いを記してみます。
濃茶の菓子は器に人数分だけ入っています。
器に入っている人数が取り終えてから、正客の合図で頂きます。
菓子を食べる時は、食べやすいように菓子きりや、黒もじで切って頂きます。
切りにくい菓子は、手でちぎって食べてもかまいません。

濃茶をいただく時
亭主は菓子器を運び出したあと、「お菓子をおとりあげください」と挨拶します。
客はこれを受けて総礼します。

正客は、仮置きした食籠を次客との間に置き、次礼をします。
食籠を膝前、縁外に置き、亭主に「お菓子を頂きます。」と一礼します。
懐紙を出して、輪を手前にして膝前、縁内に置きます。
蓋の上にある黒もじを右手で取り左手で扱って、右手で膝前の懐紙の上に預けます。
両手で蓋を取り、膝上で拝見します。
蓋を裏返すために、右手を左手と持ちかえて裏返し、蓋の裏もよく拝見します。
蓋は食籠の右に、裏返したまま置きます。
懐紙の上に預けていた黒もじでお菓子をとり懐紙の上に取ります。
黒もじを懐紙の右隅で清めて、懐紙の右横に預けます。
食籠の蓋を両手で取り、左手でもちかえ表にして蓋をします。
黒もじを右手で蓋の上、手前に置きます。
食籠を両手で持ち、次客へ送ります。
次客は、三客に次礼をしてから、食籠を取り自分の正面に置き、一礼をしてから菓子
を同じように取ります。
末客も同じく菓子を取ります。
末客は、おなじように菓子を取り、蓋をしてから下座、縁外に仮置きします。
皆が菓子を取り終えると、正客から「お菓子を頂きましょう」のあいさつがあります

大寄せの茶会の時、食籠の蓋をせずに、蓋だけを先に送る場合もありますが、あくまで省略したかたちだと思います。

濃茶と薄茶

濃茶と薄茶の違い

お茶のけいこは、薄茶や炭の点前を習い、やがて濃茶になります。
濃茶と、薄茶を比べてみると、薄茶が一人で一碗の茶を頂くのに対して、濃茶は数人の客で一碗の茶を頂きます。
薄茶は、細かい泡が表面に出来ていて、あっさりとした
味わいです。
濃茶は字のとおり、泡は立っていなくねっとりと濃い点て方です。
「濃茶を練る」といった言い方もされます。
私も習い始めの頃先生から、「ゆっくりと、練りなさい。」とよく言われていました。でも、ある会でお家元からいらした宗匠が点てた濃茶をいただいた時、自分が点てた濃茶とは、おいしさに違いがあることに驚きました。
私のお茶は、お客に出した時には冷めていました。
あれ以来、あの時頂いた味を出せるように気をつけて点てています。
ねっとり、まったり、ほっこり、そしてあったかい、あの味は忘れません。

表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 3

出し服紗出し服紗 (だしふくさ)
濃茶を差し出すとき、茶碗に添えて出す服紗です。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ