茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



炉開き

中置の薄茶点前 続き 4−2

中置を稽古する時季も残り少なくなり、名残惜しい気がしますが、炉開きも楽しみです。このブログを読んでくださってありがとうございます。でもあくまで参考にしてください。点前の作法は細かい箇所の仕方が、意外と先生で違う事があります。
あくまで皆様の先生の教えてくださる通りになさってください。
目的は、お客様においしいお茶を差し上げることだとおもいます。

昨年の10月16日の中置の点前も参考にしてください
茶碗にお湯を入れます建水から蓋置きを取り出し、水指の左に置き柄杓を引いて一礼します。
居ずまいを直し、建水をすすめ、茶器、茶杓を清め茶碗にお湯を注ぎ入れ、茶筅通しをして、薄茶の運びの点前と同じにすすめていきます。

客付に差し出します茶碗にお抹茶をはいたあと、水指の蓋を右手でとり、左手で水指の左脇へ持たせかけます。
茶碗に適量のお湯を注ぎお茶を点てます。
客付に差し出します。


昔、まだ若い頃、点前をしながら次は何をするのだろうと考えながらしていました。
でも、稽古を何年も続けているうちに自然と手がいくようになりました。
これがよく言われている「身に付く」ということだろうと思います。
基本は、薄茶の点前を繰り返しすることでしょうが、時々薄茶の点前に飽きる事があるのですが、、、

新茶を摘みました

新茶4月のある日だったと思います。ふと友達から昨年聞いた話を思い出し、我が家の庭に植えている1本のお茶の木の葉を摘みました。
抹茶にするには黒のシートを、被せておくけど急に思い出したので、そんな準備はしていません。ただ新芽の2枚だけを摘んで、洗ってから蒸しました。それからすばやく乾燥させ壷に収めました。もちろんほんの少しですが和紙に入れて収めています。口切りの時期がたのしみです。
友達いわく、「私の場合最初の時は、みどり色のはずの茶葉が茶色だったよ」

炉の花 椿

白色の椿の花が、炉開きの改まった雰囲気を一層引き立てている気がします。
椿のつやつやした緑色した葉と真紅の花は、古来より繁栄を象徴する一方、呪術的な魔力を持つと考えられてきました。

現在では、椿の品種は改良を重ね、2000種を数えるそうです。

炉開きから正月、そして4月ごろまで入れられるので、冬の茶花の王様のようです。

昔、先生から、夏はむくげ、冬は椿の花があれば不自由しないので、是非庭に植えるよう言われたのを思い出しました。

椿の花を入れるときに、花水木、夏はぜ、丸葉まんさく、ロウバイ、はしばみ、日向水木、真弓、りょうぶ、山法師、とりとまらず、ハマボウの照り葉を添えているのをよくみかけます。

表千家家元の初釜では、結び柳と白梅、紅白椿を入れ、柳を水引で結わえるのが、しきたりのようです。

水屋着 着物

お茶事を催す良い季節になりました。
炉開きは、柚子の色ずく頃と利休さんが言っていますが、温暖化が進んでいる今、本当に色ずくのだろうかと疑問に思っていたのですが、我が家の柚子の実も黄色くなってきました。

何百年前も今も、季節は同じように巡ってきているのですね。

お茶事を催す回数が多くなると、着物の事をよく聞かれます。
「水屋ではどんな着物ですか」と、聞かれるのですが、いろいろな立場がありますが
水屋でお手伝いする時に羽織る着物は、昔、母たちが着ていた割烹着を長くしたもの
良いと思います。

呉服店に勤めている友達に尋ねてみましたら、お茶をする方にお勧めする品は、
防水加工をしているコート地を買い求め、割烹着の形で丈を長く仕立ててもらうか、
既製品を注文されるかどちらかだそうです。

Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ