茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



禅語

無事是貴人 碌々斎

DSC0331411代碌々斎宗匠が12歳の時の筆で

「無事是貴人」ぶじこれきにん

と読みます。

ある講習会の時にこの掛物がかかっていました。そのときに宗匠から説明を頂いたのですが、禅のことばは、はっきりと理解できませんでした。ただ普通に思っている「無事」の言葉の意味と少し違う事くらいしか理解できませんでした。

11代碌々斎 (ろくろくさい)は1837年〜1910年で74歳の高齢で没した。12代の惺斎宗左のお父様になる方なので、同じ空気を吸っていたような親しみを感じます。

幕末から明治維新の混乱期で、茶道界を守っていくことが困難な時代のなかで、祖道を守り抜いた偉大な方だったそうです。

掛け軸 月の字のつく語句

「月」の字が入っている字句を調べてみました。
「清風拂名月」 「掬水月在手」 「海月澄無影」 「水清魚嚼月」「吾心似秋月」
「歳月不待人」 「壷中日月長」 「水急不流月」 「夜深名月孤」「兎子望月」
「和月賣珊瑚」 「伴歸無月村」 「坐水月道場」 「月随碧山轉」「僧敲月下門」「月清千古秋」 「擔泉帯月帰」 「月下弾琵琶」 「山高月上遅」「止可談風月」「水和名月流」 「秋月掦明輝」 「池成月自来」 「山雲海月」 「月自風清」
「江月照松風吹」 「三十五夜中新月色」 「月上青山玉一団」「風吹不動天邊月」

読みと禅語の意味を調べようと思います。

もう10年ほど前の事ですが、資格者講習会の時に、お家元からお見えになった宗匠が、「皆さんは、もうお点前は出来ますので、これからはお家元の歴代の宗匠の事を調べるとか、焼物の事を調べるなど、点前以外の事を勉強して下さい。そうすれば、もっとお茶が楽しくなります。」と言われました。
時折、その言葉を思い出すのですが、なかなか行動に移すことはありませんでした。これからは、少しでも勉強して、お茶の幅を広げられたらと思います。 

不学徳不成

不学徳不成 まなばずば、とくはならず
私の今の心境です。

秋には月に関する掛物が多かろうと思い調べてみましたら確かにほかの季節より
月の字が入っている掛物は多くありました。
でも読めない、、、、、、
 
[兎子望月] 兎と月、秋にぴったりですが、解るようで解らない。
[吾心似秋月] わがこころ、しゅうげつににたり
      多分読みは合っていると思うけど、禅語としての意味が解りません。
[不学徳不成] 私の今の心境です。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ