茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



表千家

茶の湯 お茶のお稽古入門書 

子供が、「こんな本もあるよ」とDVD付きの「茶の湯 お茶のお稽古入門書」を、買ってきました。
よく見ると裏千家の本でしたが、裏千家の事を何も知らない私は、早速見せてもらった。DVDをみると女性の先生がわかりやすく解説をしていましたので、独学で気楽にするには良い教材だなと思いました。
表千家の点前だけを習った私には、裏千家の点前を興味深くみさせてもらいました。

特に濃茶を飲んだ後、濡れた茶巾で一人一人が飲み口を拭いていました。

知り合いが、表千家のお茶を習っていたのですが、濃茶を飲む時、同じところで飲む事に耐え切れなくて、稽古をやめてしまいました。
その話を聞いた時、わかる気がしました。私も、いやだなと思いましたが、濃茶は、このようにして飲むものなんだと、教えられて、当たり前のように飲んでいたので、知り合いの、いやだから稽古をやめた行動がうらやましかった。
私も失礼だけど思うときがあるのですよ、大寄せの茶会の時などは、できるだけ私の横に知らない男性がこないでほしいなと、、、、、
それと、表千家は飲み口を懐紙で拭くので口紅が残っている時があります。
女性同士でもいやな気分になりますので、特に気をつけています。

DVDでお稽古することもいいのですが、やはり稽古場で顔を見ながら、そしてお話を楽しみながらするお茶の稽古が楽しいですね。

茶道の魅力

皆さんに、お茶の稽古の楽しさをお伝えしようとこのブログを書き始めました。
一方的に書き綴ってきましたが、少しは、お茶の楽しさが伝わったでしょうか。
稽古を始めて、最初は覚える事が楽しく感じますが、次第に飽きてくる事もあります。でも、一年間はお稽古を続けてみてください。
季節ごとに違う点前の稽古をしますので変化があります。
また、長年お稽古を続けていると人間関係がいやになる事もたびたびです。
でもやめないであと少し続けてみてください。

 また習いたいけど、どこの教室で習っていいか分からない方は、表千家のホームページをご覧になってください。最寄の教室を案内してくれる欄があります。

天然忌

9月13日は、表千家七代如心斎の遺徳をしのぶ追善の法要が、家元にて営まれ、
全国から社中が集まります。
表千家の基礎を築き、けいこの方式として七事式を定めて、表千家中興の祖と
いわれており天然忌には、遺徳をしのんで、花寄せ、且座、一二三や数茶が行なわれます。
如心斎は、自分の死後に画像を書いてはならぬと命じ、円相の中に道号の天然の
二字を書き奥さんに残したそうです。

表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 5

服紗ばさみ服紗ばさみ(ふくさばさみ)

服紗や懐紙を入れるものです。和服の場合はこれを使わずに、服紗や懐紙を直接に懐中します。

道具を購入する前に先生にお尋ねした方が無難です。

表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 4

懐紙懐紙 (かいし)

茶席では数十枚重ねた小さめの和紙をいい客は常にたたんで懐中します。
この上にお菓子をとったり茶碗を拭き清めるときに使います。
大きい方が男性用です。

表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 1

扇子扇子

茶道教室で先生にご挨拶する時、膝前において使います。
客として茶席に入る時必ず携帯します。
亭主と挨拶を交わす時や床の間などの拝見の時は膝前において使います。

男性用・女性用・男女共通とあります。

写真は男女共通
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ