茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



道具畳

中置きの薄茶点前  4-1

中置きの稽古をする期間は短いので、どうだったかなと考える事があります。
でも、私の先生は高齢ですが、驚くほど覚えています。たとえ長い間お茶の道を続けて来たにせよ、さすがです。
時々、どうだったかなと言う時は、ほっとします。
昨晩、お茶の友達から中置の点前の事で電話がありました。
お互いに、曖昧にしてきた箇所を尋ねあいながらどうにか解決しましたが、「確実に覚えておかないと後々こまるね」と話しました。


道具を持ち出しました水指を持ち出し、勝手付へ斜めに置く
茶器、茶碗を風炉の手前、右寄りにおきます。
建水を持ち出し、道具畳の中央に座り、建水を左脇へ置きます。

棚 炉縁

炉ぶち写真には、風炉先屏風,棚、水指、茶器、釜が所定の場所にあります。
棚を置いてある畳を道具畳(点前座)と言い、道具畳の右側を客付、左側を勝手付といいます。
手前の畳を踏み込み畳と言い、亭主が出入りする畳です。

客 香合の拝見

客は拝見に出された香合の拝見をします。

(香合をとりに出ます。)
客は正客、次客、お詰めの時は、まず、炭点前のとき香合が拝見に出されて、亭主が
炭とりを下げると、正客は香合をとりに出て、自席に戻り、香合を畳のへり外、上座
寄りにおいて居ずまいを直します。

(香合を拝見します。)
茶道口が閉まると正客は、香合をとり自客との間(へり内)に置き、次礼をしてから
香合を膝前に置き、まず全体の形を拝見し、次に蓋をとり蓋裏の花押なども見てから
身のほうも手に取ってながめ、ふたをしてもう一度全体を拝見して、次客へ送ります。次客は、正客との間に香合を置いたままで、お詰めに、次礼をし香合を膝前に取って拝見をします。お詰めも、同様に拝見をします。

(出会いで香合を返します。)
お詰めは、拝見が済むと香合を持って立ち、正客も出て、道具畳の近くで出会い、正客に返します。お詰めは自席へ戻ります。正客はもう一度拝見をしてから、香合の向きを変え、出された場所へ返して自席へ戻ります。
このあと、香合を引きに出た亭主にお礼を述べ、香合の作者や銘などを尋ねます。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ