茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



中置きの濃茶点前 続き

建水を持ち出し、左脇に置きました。
濃茶を点てます蓋置き建水より取り出し、水指の左、勝手付に置き柄杓を引いて一礼します。居ずまいを直します。

さあ!今から雑念をはらい、おいしいおちゃをたてましょう。

道具を清めます。

○ 建水を進め、茶碗を三手で扱い膝前向こうに、茶入れを右手で膝と茶碗の間に置きます。
○ 茶入れの仕服をときます。とき方の説明は写真じゃないと難しいですね。
○ 仕服から取り出した茶入れを、茶碗と膝の間に置きます。
○ 両手で仕服を整えて風炉と客付の畳のヘリの中央あたりに置きます。
○ 服紗を左ひざ上で四方さばきをして、茶入れを左手で持ち、蓋をふき、胴をふき下ろし清めます。男性は蓋を拭いたあと、胴拭きをします。
四方さばきは、濃茶入れを清めるためにするさばき方です。
○ 茶入れは、薄茶の時茶器を置いた位置に置きます。
○ 服紗をさばき直して茶杓をふき、茶入れの蓋の上、釜つきに置きます。
中置きの場合は蓋の左側になります。
○ 右手で茶筅を、茶入れの右横に置き合わせ手から、茶碗を手前に少し引きます。
○ 左手に持っている服紗を、両手で二つに折り返し水指の塗り蓋を「二』の字にふきます。共蓋の場合は服紗で拭かず置く。
○ 服紗を左手に持たせ、茶碗の中の茶巾を拭いた所にのせます。
○ 服紗を右手で左膝頭に置き、柄杓を右手でとり、左手にもちかえ構え服紗で釜の蓋をあけ、蓋置きの上に置く。
男性の場合は、茶巾を水指の蓋にのせたあと、服紗を帯につける。釜の蓋は、素手であける。

さあ!今から茶筅通しをします。

○ 左手で構えている柄杓を右手にもちかえ、湯を8分目ほど汲んで茶碗に入れます。
○ 柄杓を釜の口に預けます。
○ 茶筅を右手で持ち、茶筅通しをして、茶碗を回しながら温めて、湯を建水に空けます。
○ 茶碗を左手に持たせ、右手で茶巾をとり茶碗をふき、茶巾を入れたまま、右手で茶碗を膝前に置きます。
○ 茶巾を取り出し、今度は、蓋置きの上の釜の蓋のうえに置きます。

基本をしっかり覚える

お茶の講習会に参加しました。
夏の暑さが戻ったような蒸し暑い一日でした。
以前知り合いから聞いていました、「あの宗匠はとても厳しいお方よ」と。
厳しい方がうれしいなと思いましたが、はっきり言って、酸素不足で倒れそうでした。ピーンと張りつめた空気、足が痛くても崩せないつらさ、じわーと出てくる汗、大きく息をして空気を吸い込みたいけどできない雰囲気、とてもつらかったです。
でもつらい分だけ、大きな収穫がありました。
宗匠のおっしゃる、「基礎を繰り返し稽古する」大切さを勉強してきました。
部屋をしつらえる時、お道具を置く位置、点前の時におき合わせる畳の目数、お茶碗を出す位置、など再確認しました。

「畳の縁は踏まない」なんて基礎の基礎と思っているが、下を見て歩いているわけではないので、畳を斜めに歩いている時など踏んでいるようです。
足元を見ないでも、畳一畳を縁を踏まずに6歩で歩くことは、毎回の稽古の積み重ねなんでしょうね。勉強になった一日でしたが、肩がこりました。

刷毛目姥口釜

刷毛目姥口釜写真は刷毛目姥口釜です。
釜の肩より口縁のほうが落ち込んでいます。
私は昔の人はどうしてこんなに偉いのだろうと思います。姥口と名前をつけたことにも面白いなあと感心です。歯の抜けた老女が口を結んだ形に似ているところからの名称だと聞いています。
確かに歯が抜けてしまうと唇が落ち込んでしまいますね。昔祖母が入れ歯を外したときの口元をこの釜を見るたびに思い出します。

鋳師 金森浄栄氏の作です。釜の胴の部分に刷毛目の模様があります。
風炉先屏風は、波に鱗鶴の模様です。千家十職の表具師、奥村吉兵衛氏の作です。

萬代屋釜

DSC03378写真は萬代屋釜です。

堺の茶人、萬代屋宗安が所持していた釜を模して造られ、肩と腰に擂座をめぐらしています。
「るいざ」はどんな意味なんだろうと、数年前調べた時、座禅の時使用する座布団の形をしていると何かの本に書いていたように記憶しています。
でも改めて調べるけど、私の知識ではわかりません。
どなたかお教えいただけませんか?「るいざ」「累座」 「擂座」について。

炉のしつらえ

部屋
友達のお稽古場が炉のしつらえになりましたので、遊びに行きました。
席中の様子です。
床には、掛物と花
道具畳は二重棚の初飾りです。


掛物・・色紙に「山呼萬歳聲」山は呼ぶ万歳の声(やまはよぶ ばんぜいのこえ)
花入・・備前
花・・・紅白の椿 黒ロウバイの黄葉
棚・・・二重棚 糸巻き棚(碌々斎好み 二重の下の棚に糸巻きの透かしがある)
水指・・桶側(おけがわ)胴に十数本の縦線を入れ、桶のような形に作ったもの
釜 ・・真形釜(しんなりがま)

炉はお湯を沸かすために茶席に切られた囲炉裏のことです。

炉では、亭主は客付き斜めに向き、点前をします。炉をはさんで亭主と客が向かい会うので親しみを感じます。

床の間のある日本の座敷には、上座(じょうざ)と下座(げざ)があります。
上座は、床の間に近い座を言い、茶席では、正客が座る席です。
下座は、床の間から遠い方で末客の席になります。
 

中置の炭点前 

中置の点前,鉢△如釜に炭をつぎました。今度は香をたきます。
炭点前
4、香合の蓋を取り、羽箒の先から三分の一ほど下がった左横に置きます。
火箸を炭とりから取って、蓋の手前で付いて持ち直し、香を二つたきます。
香木を火箸で挟むときは横からはさむようにすると落とさないと思います。
火箸をついて持ち直し、炭とりの中央に戻します。
右手で香合の蓋を取ってしめます。
この時、正客より拝見の所望があれば、一礼して受け、香合を左手に持って客付き正面に回り、香合の正面を客に向けて釜の左横を通って拝見に出します。
拝見に出す位置は、茶碗を出すあたりです。

5、拝見に出したらすぐに右手で環を取り環付(環付き)にかけます。
両手で環を持って、釜を初めに上げた位置まで引き、斜めにします。
環を釜にあずけ、体を風炉正面に戻し、両手で環を持って釜を風炉にかけます。
環を釜にあずけ、右手で釜敷きの手前を取り、左手で左横、右手で右横と持ち替えて
右手の親指を下にして炭斗(すみとり)の中、右側にしまいます。
環の切れ目が右横を向くようにねかせて置きます。
釜の座り具合を右、左と確かめ、ゆがんでいれば直し、環を左、右と外して、体の正面で合わせて右手で横から持ち、炭とりの中へしまいます。香合のあったあたりにしまいます。
右手で羽箒き(はぼうき)を取って左手を添え右手で持ち直し、釜の蓋を、つまみの
向こう、つまみの手前と拭き炭とりの上、左寄りに戻します。
炭とりを少し左に戻してから、炭とり正面に寄り炭斗を両手で持って下がり、茶道口を閉めます。

茶道具 釜

「釜」と言う言葉はお茶の世界では、ごくごくあたり前のように使われています。
茶会や茶事の招待を受ける時、『釜をかける」というほど道具の中では代表的なものです。また月釜、初釜など「釜」という言葉が使われています。

次のような釜の名前が付けられています。
真形釜:しんなりがま 丸釜:まるがま 四方釜:よほうがま 平釜:ひらがま
裏甲釜:うらごうがま 尻張釜:しりばりがま 万代屋釜:もずやがま
尾垂釜:おだれがま フクベ釜:ふくべ釜 達磨釜:たつまがま 
阿弥陀堂釜:あみだどうがま 繰口平釜:くりぐちひらがま などがあります。

表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 2

使い服紗使い服紗 (つかいふくさ)

点前 (てまえ) の中で道具を清めたり、釜の蓋を取る時に使う布です。
男性は紫色、女性は朱色です。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ