正客より拝見の所望を受ける点てた濃茶を客に差し出し、居前に戻ります。

〇 正客が一口飲んだ頃、服かげんを尋ねてから、建水の下においている服紗をつけ、客付斜めに向きます。
〇 正客の茶銘、お詰の尋ねに答えて、お菓子や道具の尋ねがあれば答えて、末客の吸いきりの音を聞いて居前に戻ります。
〇正客から、茶碗と出し服紗が戻れば、客付斜めに回り、出し服紗をとり懐中し、茶碗を三手で扱い膝前に取り込みます。
男性の場合は、居前のまま出し服紗をとり、そのまま右手で懐に入れます。
次に茶碗をとり、体の正面で左手で扱って、茶碗の右横に持ち直し、膝前に置く。

〇 居前に戻り、茶碗を三手で扱い膝前に置き、客からの総礼を受けます。
〇 柄杓をとって湯を汲んで、茶碗にいれ、柄杓を釜に置きます。
〇 茶碗を2〜3度回してすすぎ、湯を建水に空けます。
〇 茶碗を膝前に置き、「おしまいいたします」の一礼をします。