茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



香合

茶会

11月の初めに、九州茶道会館の茶会に行って来ました。
今回の茶会でも収穫がたくさんありました。やはり茶会にいき収穫があるととてもうれしいですね。

茶道会館の「九畳敷」の部屋のお床に、
「山花開似錦」(さんかひらいて にしきににたり)の掛物が掛かっていました。
 この言葉の掛物を拝見できるのは、いつも4月ごろだったので、私は春に掛けるものだと思っていました。こんな事も知らない私が、ブログで掛物の事を書くのは早すぎたなと反省しつつもっと勉強をしようと思いました。

また、福岡市内にある「安国山 聖福寺」に懸けた濃茶席での 寄付(よりつき)に炭点前の道具を飾り付けしていました。

香合(こうごう)・・絵唐津 瓢箪
炭斗(すみとり)・・油竹組 隋流斎在判 了々斎加判
火箸(ひばし)・・・時代桑柄
羽箒(はぼうき)・・鶴  井上侯旧蔵
環(かん)・・・・・鉄象嵌  徳元作
釜敷(かましき)・・唐物南京玉籐組
灰器(はいき)・・・長次郎作
灰匙(はいさじ)・・時代桑柄

見るからに昔からのお道具と解るものでしたが、保管のよさに脱帽です。
特に、鶴の羽の羽箒に虫食いがないことです。
それに、今の羽箒に比べると半分くらいの大きさに驚きました。
昔の鶴は小さかったのでしょうか。

大勢の方々のお力で楽しい一日を過ごされた事に感謝します。

客 香合の拝見

客は拝見に出された香合の拝見をします。

(香合をとりに出ます。)
客は正客、次客、お詰めの時は、まず、炭点前のとき香合が拝見に出されて、亭主が
炭とりを下げると、正客は香合をとりに出て、自席に戻り、香合を畳のへり外、上座
寄りにおいて居ずまいを直します。

(香合を拝見します。)
茶道口が閉まると正客は、香合をとり自客との間(へり内)に置き、次礼をしてから
香合を膝前に置き、まず全体の形を拝見し、次に蓋をとり蓋裏の花押なども見てから
身のほうも手に取ってながめ、ふたをしてもう一度全体を拝見して、次客へ送ります。次客は、正客との間に香合を置いたままで、お詰めに、次礼をし香合を膝前に取って拝見をします。お詰めも、同様に拝見をします。

(出会いで香合を返します。)
お詰めは、拝見が済むと香合を持って立ち、正客も出て、道具畳の近くで出会い、正客に返します。お詰めは自席へ戻ります。正客はもう一度拝見をしてから、香合の向きを変え、出された場所へ返して自席へ戻ります。
このあと、香合を引きに出た亭主にお礼を述べ、香合の作者や銘などを尋ねます。

中置の炭点前  ぁ

中置の炭点前 の続き
6、香合が返れば、茶道口をあけ、風炉前に行き、服紗をさばき釜の蓋を切り服紗をつけます。
香合の前に回り、香合のお尋ねに答えます。
香合を持って下がり、茶道口にすわり一礼し、ふすまを閉めます。
これで、炭点前を終わります。

中置の炭点前 

中置の点前,鉢△如釜に炭をつぎました。今度は香をたきます。
炭点前
4、香合の蓋を取り、羽箒の先から三分の一ほど下がった左横に置きます。
火箸を炭とりから取って、蓋の手前で付いて持ち直し、香を二つたきます。
香木を火箸で挟むときは横からはさむようにすると落とさないと思います。
火箸をついて持ち直し、炭とりの中央に戻します。
右手で香合の蓋を取ってしめます。
この時、正客より拝見の所望があれば、一礼して受け、香合を左手に持って客付き正面に回り、香合の正面を客に向けて釜の左横を通って拝見に出します。
拝見に出す位置は、茶碗を出すあたりです。

5、拝見に出したらすぐに右手で環を取り環付(環付き)にかけます。
両手で環を持って、釜を初めに上げた位置まで引き、斜めにします。
環を釜にあずけ、体を風炉正面に戻し、両手で環を持って釜を風炉にかけます。
環を釜にあずけ、右手で釜敷きの手前を取り、左手で左横、右手で右横と持ち替えて
右手の親指を下にして炭斗(すみとり)の中、右側にしまいます。
環の切れ目が右横を向くようにねかせて置きます。
釜の座り具合を右、左と確かめ、ゆがんでいれば直し、環を左、右と外して、体の正面で合わせて右手で横から持ち、炭とりの中へしまいます。香合のあったあたりにしまいます。
右手で羽箒き(はぼうき)を取って左手を添え右手で持ち直し、釜の蓋を、つまみの
向こう、つまみの手前と拭き炭とりの上、左寄りに戻します。
炭とりを少し左に戻してから、炭とり正面に寄り炭斗を両手で持って下がり、茶道口を閉めます。

茶道具 炭道具

炭点前をする時に使う道具は、茶道具の中では目立たない道具です。
いつ位昔の事かわかりませんが,以前は人前で炭の点前をせずに、影の仕事だったと聞いた事があります。薄茶の点前は毎回しますが、炭の点前はいつもしていませんでしたので、なかなか覚えませんでした。炭道具は、風炉、炉と違いがあります。

炭斗(すみとり)・・炭点前の時、炭を入れて席中へ持ち出す器です。
籠が一般的で竹、籐、藤蔓などで組まれ、形も丸、四方、五角、六角などがあります。またふくべもあります。炉と風炉では大きさが違い、大が炉、小が風炉です。

羽ぼうき(はぼうき)・・炉ぶちや、釜を掃くのに使う羽根です。
右のほうが広いものを「右羽」、左のほうが広いものを「左羽」といいます。
風炉に「右羽」、炉に「左羽」を使います。鷲の羽根やいぬわしの羽根、孔雀の羽根
ふくろうなどの羽根が多いようです。

火箸(ひばし)・・炭をつぐのに使います。鉄製で風炉用と炉用があり、柄がついていないものが風炉用で、桑の柄のついたものが炉用です。棚に置いた杓立て(杓立て)に飾るための飾り火箸があります。真鍮、銀、砂張などがあり、火箸の頭に鳥、
椎の実など飾がついています。

環(かん)・・釜の環付きにかけて、釜を上げ下ろしに使う道具です。

釜敷(かましき)・・釜を畳の上に置く時に敷いて使います。籐や藤で組んだものが
一般的で、中央に丸い穴があります。あらたまった場合に用いる紙釜敷もあります。

灰器(はいき)・・灰を入れて席中へ持ち出す道具です。風炉では蒔き灰(まきばい)、炉ではぬれ灰を入れ、炉用のほうが大ぶりです。風炉用は、上秞のかかったもの、炉用は、素焼きのものを使います。

灰さじ・・灰をまくときに使います。風炉用と炉用があります。炉用は大ぶりで桑の柄がついています。風炉用は小ぶりで柄を竹の皮で巻いています。

香合(こうごう)・・香を入れる小さな容器です。炭道具の中では格の高い道具です。一般的には、風炉の時季に塗り物、木地のもの、炉の時季は陶磁器の物を使います。炭道具の中で唯一拝見に出す道具です。

炭点前が終わり、お香の香りが席中をただようと、なんとも言えない優雅な気持ちになります。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ