茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】

茶道を永年続けている友人が、ご主人から
『茶道はそんなに何年も稽古をしないと覚えられないほど難しいものかね』
と尋ねられたそうです。

友人は、『茶道はなかなか奥が深くてねえ』 と答えたそうなんです。
茶道の世界はなかなか奥が深くて稽古をすればするほどやめられません。

とても魅力のある世界です。


Copyright (C) 2008-2012 茶道教室 お茶のある暮らし. All Rights Reserved.
当サイトに掲載された文章・画像・データ等の無断転載を禁じます。



鳳凰風炉

長板風炉の一つ飾り

先日、10月にある講習会の案内が郵送されてきました。
講習科目は「長板の一つ飾り」で茶碗飾り、初炭、濃茶「長緒」、薄茶、花寄せ、盆点、花月と講習科目が多い。うれしいことです。
長板には、大、小があり大は風炉に使い、小は炉に使います。
長板の中央に風炉釜を据え薄茶点前の時は細水指を運び出し次に茶碗と茶器、次に建水を運び出します。
濃茶のときは、水指、茶入れを飾り付けしておきお茶碗の運び出しで始めます。

風炉は、朝鮮風炉、琉球風炉、鳳凰風炉など唐銅風炉が置かれています。
唐銅は材質的に熱を通しにくいので板の上でもよいと聞いています。
鉄風炉は敷きがわらが相応しいと聞いています。

今年は梅雨の時期が長かったので夏が過ぎそうです。盛夏の頃は、小ぶりの風炉を使いますが、初秋の頃になると大ぶりの風炉を使うようになります。

竹台子

竹台子 たけだいす と読みます。 村田珠光の好みと伝えられています。

天然忌の時は、竹台子の棚の中央に鳳凰風炉と富士釜を置きますが、
この一つ飾りを、考案したのが如心斎だそうです。

台子の竹の柱を組み立てるときに、いつもどこにどの柱を立てようかと迷います。
目に見えている節の数は二つ節が1本で,三つ節が3本です。
しかし、約束にあったものであれば二つ節の物も1つの節が地板の中に,あるので
本当は四本とも三つ節があるそうです。
その柱をどう組み立てるかと言うと、左手手前が節が二つ見えるもの
次に節の低い柱を右手奥(客付き奥)、その次に節の低い柱を右手前(客付き手前)に、
一番高い柱を勝手付き奥(左手奥)に立てます。
Google検索
おすすめ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ 

記事検索
携帯用QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ